1. TOP
  2. ショッピング
  3. 専門書
  4. 『幕末未完の革命 水戸藩の叛乱と内戦(長崎浩)』 販売ページ

幕末未完の革命 水戸藩の叛乱と内戦

幕末未完の革命 水戸藩の叛乱と内戦

  • 著者: 長崎浩
  • 出版社: 作品社
  • 判型: 四六判
  • 頁数: 320 頁
  • ISBN: 9784861827631
  • ジャンル: 専門書
  • 配送時期: 2019/07/下旬
  • 在庫数: 44 個

    ※ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます。

  • 価格:予価 3,456 円 (税込)
    (本体価格 3,200 円 + 消費税8%)
  • Tポイント: 32ポイント ポイントについて
  • 数量:
関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

商品内容

なぜ、水戸藩は、明治維新の先駆けにもかかわらず、維新政府に参画せず、薩長土肥と並ぶ“勝者”になれなかったのか?

茨城・水戸で政治活動家人生を経験した著者が、最後の将軍慶喜、桜田門外の変、天狗党、水戸学、知られざる水戸藩内戦など、未曽有の乱世の時代を詳細に分析、その謎にせまる。現代日本への教訓に満ちた、刮目すべき、忘れられたもう一つの幕末史。

▼著者プロフィール
長崎 浩(ながさき ひろし)
1937年生まれ。東京大学理学部卒。東京大学物性研究所、東北大学医学部、東京都老人総合研究所、東北文化学園大学に勤務。政治思想・科学技術・身体運動論を専攻。1960年、全共闘運動高揚期に『叛乱論』にて登場。以後、80年代にいたるまで、政治思想状況にコミットしつづけた。90年代以降は、環境問題やリハビリステーションの分野でも著作活動を続ける。

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2019/05/29
『幕末未完の革命 水戸藩の叛乱と内戦』(長崎浩)の注文を開始しました。

この商品は現在販売中です。

歴史・地理に関するQ&A

明智光秀が討ち取った信長の首で〇〇する歴史小説

今から20年くらい前に出版された歴史小説です。「信長の〇〇」か「〇〇の信長」というタイトルでハードカバー上下巻だったようです。ラストのほうで、信長を討ち取った光秀が、その首を使って口淫する内容でした。他...

支払/配送方法

お支払い

送料は全国一律380円(税込)です。代金引換をご利用の場合、配送手数料とは別に代金引換手数料300円(税込)が別途必要になります。

5,250円以上で送料無料!10,500円以上代引き手数料無料!

キャンセル・返品についてはこちら

関連商品

TOPへ戻る