1. TOP
  2. ショッピング
  3. 専門書
  4. 『戦国大名の山城を歩く(小和田泰経)』 販売ページ

戦国大名の山城を歩く

戦国大名の山城を歩く

  • 著者: 小和田泰経
  • 出版社: 新紀元社
  • 判型: A5
  • 頁数: 144 頁
  • ISBN: 9784775315460
  • ジャンル: 専門書
  • 配送時期: 3~6日後
  • 在庫数: 在庫僅少

    ※ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます。

  • 価格: 2,376 円 (税込)
    (本体価格 2,200 円 + 消費税8%)
  • Tポイント: 22ポイント ポイントについて
  • 数量:
関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

商品内容

小さい頃から全国の城を見て歩いた著者がセレクトした、行って面白い、見て面白い戦国時代の山城を紹介!

近年、城郭が郷土の歴史遺産として見直されています。かつては、天守などの建物が残る江戸時代の城に関心が集まりましたが、今では建物がなにも残っていない戦国時代の山城も注目を集めつつあります。
ただ、戦国時代の山城は、草木が生い茂ったりしており、仮に整備がされていても、自然の地形なのか、人工的に造られたものなのか、初心者の方にはなかなかわかりません。そこで、本書では、戦国大名の居城であった山城をとりあげ、その歴史や合戦を詳細に解説するとともに、遺構については地図と写真をリンクさせ、その遺構がどこに所在するのかを紹介しています。

▼掲載予定山城
陸奥 南部氏 三戸城
陸奥 蘆名氏 向羽黒山城
出羽 安東氏 檜山城
上野 長野氏 箕輪城
下野 佐野氏 唐沢山城
相模 北条氏 小田原城
美濃 斎藤氏 稲葉山城
越後 長尾氏 春日山城
近江 浅井氏 小谷城
近江 六角氏 観音寺城
河内 三好氏 飯盛山城
播磨 赤松氏 置塩城
伊予 河野氏 湯築城
土佐 長宗我部氏 岡豊城
ほか、全国の名山城を掲載予定。

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2019/02/05
『戦国大名の山城を歩く』(小和田泰経)の注文を開始しました。

この商品は現在販売中です。

日本史に関するQ&A

明智光秀が討ち取った信長の首で〇〇する歴史小説

今から20年くらい前に出版された歴史小説です。「信長の〇〇」か「〇〇の信長」というタイトルでハードカバー上下巻だったようです。ラストのほうで、信長を討ち取った光秀が、その首を使って口淫する内容でした。他...

支払/配送方法

お支払い

送料は全国一律380円(税込)です。代金引換をご利用の場合、配送手数料とは別に代金引換手数料300円(税込)が別途必要になります。

5,250円以上で送料無料!10,500円以上代引き手数料無料!

キャンセル・返品についてはこちら

関連商品

TOPへ戻る