復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

赤の書 図版版

C・G・ユング

5,500円(税込)

(本体価格 5,000 円 + 消費税10%)

【送料無料】

amazon.co.jpにてお買い求めください

amazon.co.jpへ

※在庫・発送日は遷移先のサイトでご確認ください。
※当ページ表示の価格とは異なる場合があります。
※Tポイントや特典等は対象外となりますのでご注意ください。

お気に入りに追加

著者 C・G・ユング
出版社 創元社
判型 A5
頁数 224 頁
ジャンル 文芸書
ISBNコード 9784422116754

商品内容

伝説の書物『赤の書』。
ユング自身の手による図版を完全収録したコンパクト版!!


ここに描かれているのは、人間の無意識の世界そのものである。
極彩色の緻密な構成で描きだされた134点の絵。

C・G・ユングが遺した業績は質量ともに膨大であるが、なかでも『赤の書』は、そのような彼の業績の中心を占めるものであり、彼の思想的な起源を正しく理解するためには必読の書であると見なされながら、長く公刊されることがなかった。それが、彼の死後約半世紀をへた2009年に世界で同時刊行され、日本でも原書発行の翌年には翻訳版が出版された。
オリジナル版はユングが描いていた皮表紙のノートと同じ大きさ(A3判)の美しく精緻な複写版であったが、その大きさや重量のために持ち運ぶにも読むにも大変であった。そのため、多くの研究者たちの要望に応えるかたちで、オリジナル版が出てから5年後に、手頃な大きさと価格で、『赤の書 テキスト版』が刊行された。原版のテキスト、序論、注釈はそのままに、より読書に適した携帯可能なサイズにまとめたものであったが、如何せん図版は、オリジナル版を見るしかなかった。
本書『赤の書 図版版』は、テキスト版と同じ大きさ・仕様で、図版のみを納めたものである。テキスト版と2冊セットにすると、大判のオリジナル版の内容全体を把握することができる。もちろん、テキスト版なしで、図版版だけを楽しむことも可能である。
オリジナル版を求めることができなかった読者や、テキスト版と合わせて携帯に便利な図版版を求めたい読者にぜひお薦めしたい。

☆☆☆本書の特徴☆☆☆
◎A3変·本体価格40,000円の大著ながら、2010年の刊行以来3刷をかぞえる『赤の書』の図版を全点収録。
◎2014年刊行の『テキスト版』と2冊あわせて読むことで、『赤の書』の膨大な全貌を把握することができます。
◎オリジナル版を入手できなかった方や、テキスト版とあわせて手軽に参照したい方におすすめです。
◎ユングの描いた精緻なカリグラフィ、幻想的なイラストは、芸術作品としても読者を魅了。絵だけを楽しみたい方にも。

▼著者紹介
C・G・ユング
20世紀最大の思想家、精神医学者の一人。フロイトの信望厚き弟子であったが、やがて考え方の違いから袂を分かち、後に分析心理学の創始者となる。エラノス会議の主導的役割を果たし、深層心理学をはじめ、宗教・哲学など多様な分野の専門家と学際的な交流と研究をつづけた。『タイプ論』や『転移の心理学』など膨大な著書があるが、本書『赤の書』はそれら多くの著書の基になったものだと言われている。

関連キーワード

キーワードの編集

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

おすすめ商品

T-POINT 貯まる!使える!