復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

新装・改訂版 Beatles gear 写真でたどるビートルズと楽器・機材の物語 1956~1970

ザ・ビートルズ・クラブ 翻訳・監修

5,830円(税込)

(本体価格 5,300 円 + 消費税10%)

【送料無料】

amazon.co.jpにてお買い求めください

amazon.co.jpへ

※在庫・発送日は遷移先のサイトでご確認ください。
※当ページ表示の価格とは異なる場合があります。
※Tポイントや特典等は対象外となりますのでご注意ください。

お気に入りに追加

得票数:6票
Beatles gear 日本語翻訳版
著者 ザ・ビートルズ・クラブ 翻訳・監修
出版社 DU BOOKS
判型 A4変
頁数 256 頁
ジャンル エンタメ
ISBNコード 9784925064972

商品内容

世界中のビートルズファンが大絶賛した名著が、新装・新訳版にて11年ぶりの復刊!

左利きだったボールの楽器へのこだわりなど…。
本書を読めば、ビートルズがどれほど楽器を愛し、深い知識を持ったミュージシャンだったかがわかります。

1950年代のスキッフル・グループ、クオリーメン結成~1970年ビートルズ解散までの使用楽器・機材を綴った名著『Beatles gear』(2002年・リットーミュージック刊)が、11年の時を経て新訳で登場します!

「彼は割れないという保証つきのギターを弾いていた。そんなに質のいいものじゃなかった。でもうまく演奏していて、感心したのを覚えているよ」
ポール・マッカートニー、ジョン・レノンと出会ったときのことを回想しながらギター、アンプ、ドラム、キーボードなど結成から解散までに使用した楽器や機材を網羅し、4人の貴重な写真とともに、新鮮なビートルズ史を描いた究極のヴィジュアル図鑑。

◆本書の特色
1. 400人以上の関係者インタビュー、メンバーの証言とともに、実際に使用した楽器・機材を解説した決定版!
2. 結成直後のビザールな楽器から当時の最先端機材まで、60年代のヴィンテージな機材写真が満載!
3. 楽器に注目することで初めて目にする4人の姿や、発掘された思い出の品々が新しいビートルズ史を描く。

本書では、ビートルズのメンバーがキャリアスタート時に使用していた安価なものから、1960年代のテクノロジーが詰め込まれたものへの変遷を、メンバーと関係者の証言、実際に使用した楽器・機材の貴重なデータや写真とともに紹介。
多くのビートルズ関連書籍のなかでも、ここまで楽器・機材に焦点を合わせて詳細に語られたものは珍しく、ミュージック・クリエイターとしてのビートルズの新たな魅力を発見できる、ファンにとっては見逃すことのできない1冊。1960年代の楽器・機材についても理解を深めることができるので、ヴィンテージ・マニアも満足の内容となっている。
著者のアンディ・バビアックは、膨大な資料を収集・検証、さらには400人以上におよぶ関係者インタビューに基づき、6年の歳月をかけてこの本をまとめ上げた。

関連キーワード

キーワードの編集

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

復刊投稿時のコメント

全5件

  • 貴重な研究書。是非欲しい。 (2017/01/13)
    GOOD!0
  • 中古でも高価でビートルズが使用した楽器について細かく書いているから

    絶対に復刊してほしい!

    海外版は安く買えるが英語で読めないから笑 (2013/12/03)
    GOOD!0
  • 中古であまりにも高値で取引されているので、復刊を希望します。 (2013/08/05)
    GOOD!0
  • 評価が高い本です。 (2012/12/10)
    GOOD!0
  • 大変貴重な情報が満載のビートルズ研究においては欠かせない書籍です。
    是非、復刊してほしいと思います。 (2012/05/02)
    GOOD!0

おすすめ商品

T-POINT 貯まる!使える!