1. TOP
  2. ショッピング
  3. 文芸書
  4. 『小田実全集評論17 西ベルリンで見たこと 日本で考えたこと(小田実)』 販売ページ

小田実全集評論17 西ベルリンで見たこと 日本で考えたこと

小田実全集評論17 西ベルリンで見たこと 日本で考えたこと

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
※本書の配送時期について
こちらはご注文いただいてから印刷をするオンデマンド商品となり、
ご注文から発送までに約1週間程頂いております。

商品内容

1989年、東西冷戦の象徴である壁が壊れるまで西ベルリンは、法的に第二次大戦時の四連合国、米英仏ソの占領下にあった。ドイツの戦後は、ナチ・ドイツの戦争の歴史を直視し、それを克服することにあった。1985年から約二年間、著者が暮らした西ベルリンは、移民をも包摂する開かれた社会を求めてたたかう若者の力がみなぎっていた。近代国家成立以来、多くの点で相似する日独両国の歩みを、暮らしの目線から分析し、「強者の政治から弱者の政治」へと新たな方向性を示す。

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2012/04/02
『小田実全集評論17 西ベルリンで見たこと 日本で考えたこと』(小田実)の注文を開始しました。

この商品は現在ご購入いただけません。販売再開時にメールを受け取る購入希望の登録が可能です。

支払/配送方法

お支払い

送料は全国一律380円(税込)です。代金引換をご利用の場合、配送手数料とは別に代金引換手数料300円(税込)が別途必要になります。

5,250円以上で送料無料!10,500円以上代引き手数料無料!

キャンセル・返品についてはこちら

TOPへ戻る