復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

X線からクォークまで

[著者] エミリオ・セグレ [訳者] 久保亮五 [訳者] 矢崎裕二

8,580円(税込)

(本体価格 7,800 円 + 消費税10%)

【送料無料】

amazon.co.jpにてお買い求めください

amazon.co.jpへ

※在庫・発送日は遷移先のサイトでご確認ください。
※当ページ表示の価格とは異なる場合があります。
※Tポイントや特典等は対象外となりますのでご注意ください。

お気に入りに追加

得票数:20票
古典物理学を創った人々 ガリレオからマクスウェルまで
著者 [著者] エミリオ・セグレ [訳者] 久保亮五 [訳者] 矢崎裕二
出版社 みすず書房
判型 A5
頁数 472 頁
ジャンル 専門書
ISBNコード 9784622024668

商品内容

未知の放射線(X線)の発見により第1回ノーベル物理学賞に輝いたレントゲンから、ゲルマンらによる「クォーク」説の導入に至る20世紀物理学の発展を、湯川・朝永両博士をも含む主だった物理学者たちの人物伝で綴った現代物理学入門である。
ベクレル、キュリー夫妻、ラザフォード、プランク、アインシュタイン、ボーア、量子力学の創始者たち(ド・ブロイ、ハイゼンベルク、パウリ、デイラック、シュレーデインガー)、フェルミ、ローレンスなど、今世紀の物理学の世界にきら星のごとく登場した巨人の名を章(または節)の標題として揚げ、その人物と業績、相互の交流と論争が紹介されている。著者自身の見聞によるエピソードも随所に散りばめられ、「物理学者列伝」として親しみやすい読み物となっている。

著者セグレ(Emilio Gino Segre、1905-1989)は、1928年にローマ大学で学位を取り、ローマ大学助教授、パレルモ大学教授を経て、1938年渡米以後はカリフォルニア大学にあった。1934年ごろにはフェルミとともに中性子反応の先駆的研究を行ない、渡米後には原子核および素粒子物理学にすぐれた業績をあげた。数々の超ウラン元素の発見、反陽子の発見などは特に著名である。後者に関し、1959年チェンバレンとともにノーベル物理学賞を受けている。この間、1943-46年にはロス・アラモスで原爆製造計画に参画した。著書に『エンリコ・フェルミ伝』(久保亮五・久保千鶴子訳、みすず書房)があり、自らの師であり友人でもあったフェルミの全生涯を克明に描き出している。

関連キーワード

キーワードの編集

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

復刊投稿時のコメント

全20件

  • 今年の復刊候補のリストにあがっていたので、楽しみに待っていた分、非常に残念です。来年こそは復刊願います。 (2009/09/13)
    GOOD!0
  • 読みたいから。 (2008/06/04)
    GOOD!0
  • 古典物理の歴史がよく分かります。 (2008/05/01)
    GOOD!0
  • 非常におもしろいとのことなので (2007/11/27)
    GOOD!0
  • 昔読みました。
    面白かったのだけは覚えてますが、内容が飛んでます。
    もう一度読みたいです。 (2007/08/05)
    GOOD!0

もっと見る

おすすめ商品

T-POINT 貯まる!使える!