復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

メカスの映画日記 ニュー・アメリカン・シネマの起源 1959-1971

ジョナス・メカス著/飯村昭子訳

3,300円(税込)

(本体価格 3,000 円 + 消費税10%)

配送時期:3~6日後

Tポイント:30ポイント

この商品は現在ご購入いただけません。

在庫切れ

お気に入りに追加

得票数:14票
メカスの映画日記
著者 ジョナス・メカス著/飯村昭子訳
出版社 フィルムアート社
判型 A5判
頁数 400 頁
ジャンル エンタメ

商品内容

★創業40周年記念復刊★

伝説の映画作家ジョナス・メカスの貴重なドキュメント! 神話的名著、待望の復刊!

アメリカにおける個人映画・非商業映画への道を切り開いていったジョナス・メカスが、1959年~1971年の日記を通してその時代精神を刻み付ける。
これほど非妥協的に、熱烈に、映画と人生のあり方を指し示した本があっただろうか。個人映画への熱望をみなぎらせて、既成のものに痛烈な弔辞を送る!

著者:ジョナス・メカス Jonas Mekas
1922年リトアニア生まれ。ナチス・ドイツ占領下で抵抗運動を行なうも、49年までドイツの収容所に収監。アメリカへ亡命後、54年『フィルム・カルチャー』誌を発行。58年に『ヴィレッジ・ヴォイス』誌に「ムービー・ジャーナル」を連載。「ニュー・アメリカン・シネマ・グループ」の設立に協力。89 年にアンソロジー・フィルム・アーカイブス開館。主な作品に『リトアニアへの旅の記憶』『営倉』など。

関連キーワード

キーワードの編集

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

復刊投稿時のコメント

全14件

  • 「どこにもないところからの手紙」(書肆山田)が素晴らしい本でした。
    この強いまなざしは、言葉や映画を愛する人たちに届くべきものだと思います。 (2008/06/29)
    GOOD!0
  • そもそも絶版になる意味がわからない。 (2008/05/31)
    GOOD!0
  • 「この書物を『ゴダール全エッセイ集』の隣に並べることのできた人の本箱からは、即座にサドゥールの『世界映画史』やそれに類する書物が姿を消すことができる」と蓮實重彦さんが書いていますが、もちろん定価で買えての話でしょう?映画本は色々出ていますが、こういうものが書店で買えないようではつまらないし、もったいないと思うんです。 (2007/07/09)
    GOOD!1
  • (2007/06/09)
    GOOD!0
  • メカスについてもっと知りたいからです。 (2007/03/24)
    GOOD!0

もっと見る

おすすめ商品

T-POINT 貯まる!使える!