1. TOP
  2. ショッピング
  3. エンタメ
  4. 『アパシー学校であった怖い話1995~VNV~新装版()』 販売ページ

アパシー学校であった怖い話1995~VNV~新装版

アパシー学校であった怖い話1995~VNV~新装版

  • 出版社: サークル「七転び八転がり」
  • 判型: DVDジャケット
  • ジャンル: エンタメ
  • 配送時期: 3~6日後
  • 在庫数: 在庫なし
  • 価格: 1,080 円 (税込)
    (本体価格 1,000 円 + 消費税8%)
  • Tポイント: 10ポイント ポイントについて
  • カートに入れる
  • ※在庫切れのため購入できません
関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

商品内容

アスペクト文庫より発売され(現在、廃版)、いまだ人気の高い小説版『学校であった怖い話』(上下巻)が、ビジュアル・ノベルとして蘇る。ここに収録された話は、コンシューマー・ゲームでは表現不可能な過激なものばかり。限界ギリギリのグラフィックを伴い、ここに再見!


<ストーリー>
1995年6月。
新聞部は、夏休み前の学校新聞で「学校の七不思議」を特集することになった。
七人の学生を集めて、彼らから怖い話を聞き、それを特集としてまとめるのだ。
新聞部三年生の日野から命を受け、新入部員の坂上修一はその集会の聞き役を担当することになった。
集会当日、放課後の新聞部部室に日野によって集められた七人の語り部と聞き役の坂上修一は初めて顔を合わせる。
しかし、七人集められたはずの語り部は、何故か六人しかいなかった。
七人目が姿を見せぬまま始まる七不思議の集会。
七人目は、現れるのか。
そして、この集会の終わりに待っているのは……。

※本ソフトは、小説をビジュアライズしたもので、選択肢はありません。
画面をクリックして進む簡単な操作です。

◎動作環境
■OS動作/推奨 Windows98SE、Me、2000、Xp ■CPU Pentium以降 ※MMX機能を有するもの 
■メモリ 128MB以上の空き ■HDD 500MB以上の空き ■VIDEO 800×600 以上 ■サウンド DirectX3 以降 ■メディア CD-ROM ■ドライブ CD-ROMドライブ

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

復刊投票時のコメント(83件)

飯島健男先生が描く小説版「学校であった怖い話」。 色んな世代の方に是非読んで欲しいので、復刊して欲しいです。 (2018/08/24)

0

某通販サイトでも超プレミアだったので、安価で手に入れたいです。 (2016/12/02)

0

読んだことが無く、また入手困難なため、復刊を希望します。 (2016/02/26)

0

こちらの小説も読んでみたいので復刻よろしくお願いいたします。 (2014/08/22)

0

興味が出た頃にはもう中古しか売ってませんでした お願いします!! (2014/05/18)

0

もっと見る

ニュース

2008/04/09
新刊!サークル「七転び八転がり」『アパシー学校であった怖い話1995~VNV~新装版』

この商品は現在ご購入いただけません。

日本文芸に関するQ&A

怪奇小説短編集

確か怪奇小説の短編集に収録されていたものの一つだと思います。 文庫本で図書館で借りて読みました。 男女のカップルとちょっと変わった女友達が出てきます。この三人が暮らしている街には 幽霊が出るという...

支払/配送方法

お支払い

送料は全国一律380円(税込)です。代金引換をご利用の場合、配送手数料とは別に代金引換手数料300円(税込)が別途必要になります。

5,250円以上で送料無料!10,500円以上代引き手数料無料!

キャンセル・返品についてはこちら

関連商品

TOPへ戻る