1. TOP
  2. 復刊ドットコム 特集・企画
  3. 今月のリクエスト企画 (2018年3月メルマガ掲載分)

2018年03月13日

今月のリクエスト企画 (2018年3月メルマガ掲載分)


今月のリクエスト企画 (2018年3月メルマガ掲載分)
  • ぼくのだいじなあおいふね
  • 素晴らしい装束の世界
  • かえるのごほうび

復刊ドットコムスタッフがオススメする復刊リクエストタイトルをご紹介します。
あなたが投票した作品の復刊が実現した場合、その商品を当サイトで購入すると
Tポイントが5倍になります!
詳しくは、「ダブルボーナスプログラム」のページをご確認ください。
皆さまからのたくさんのリクエスト、お待ちしております!

おすすめの復刊リクエスト

女子レスラー紅子

得票:89票

女子レスラー紅子

著者: 梶原一騎 原作 / 中城健 画
出版社: 講談社

1982年7月から約1年にわたり「ヤングマガジン」に連載された、当時はまだ珍しかった“女子プロレス”を題材にした漫画作品。諸事情により突如打ち切りとなり、今もなお単行本化が実現していないといういわく付きの作品です。
本作が連載されていた期間の「ヤングマガジン」の古書価格は軒並み高値が付けられるなど、今でもその人気は根強く、復刊ならぬ“単行本化リクエスト”に多くの投票が集まっています。

【リクエストコメントより】
中学生の時にヤンマガで一話だけ読んだ事があり、その時の印象で全話読みたい欲求にかられたのを今でも鮮明に記憶しています。単行本がでてるだろうと思い当時そこら中の本屋を駈けずり回りました。ぜひ復刊して下さい。


「カラテ地獄変」「四角いジャングル」など一貫して闘う男たちの世界をダイナミックかつハードに描き続けてきた梶原&中城コンビが「女子プロレス」というテーマをいかに料理したのか? 諸事情により連載中断、未だに単行本化さえされていないがこのまま埋もれさすには惜しい異色の格闘漫画。80年代コ...

投票する

ぼくのだいじなあおいふね

得票:109票

ぼくのだいじなあおいふね

著者: ディック・ブルーナ 絵 / ピーター・ジョーンズ 文 / なかがわけんぞう 訳
出版社: 偕成社

ミッフィー(=うさこちゃん)の生みの親として世界的に知られるディック・ブルーナらによる、耳の不自由な4歳の男の子ベンが主人公の絵本。日本版は1986年刊。
補聴器をつけたベンの毎日の生活をシンプルな文体とイラストで描いた内容で、聴覚に障がいのある/なしに関わらず、すべての子どもに読んでほしいという著者の思いにあふれた作品です。現在は入手が困難となっている本書に、「自分の子どもにも読ませたい」と多くの復刊リクエストが寄せられています。

【リクエストコメントより】
ハンディキャップを持つこどもへの理解を深めたいと、知人が精力的に活動しているのを知ったからです。 ブルーナさんの優しい世界観で、とても大事なことを伝えています。 是非とも復刊させて欲しいと思います!


耳の聴こえないひとりとして、聴こえないこどもたちにも喜んでもらえる、世界が広がる、この絵本の復刊を希望します。

投票する

素晴らしい装束の世界

得票:15票

素晴らしい装束の世界

著者: 八條忠基
出版社: 誠文堂新光社

平安以来の伝統装束に関する、様々な資料をつめこんだ一冊。2005年刊。
装束の歴史、種類、色の合わせ方、装束を構成するパーツ、着方に至るまでを網羅した、かなり資料性の高い内容です。ファッションに興味のある人からイラストを描く際に参考にしたいという人まで、幅広い層から復刊リクエストが寄せられています。

【リクエストコメントより】
装束を愛する全ての方に手に取っていただきたい本ですので絶版であることが非常に残念です。歴史・服飾文化に興味のある方や和装のイラストを描かれる方などはとくに重宝されると思います。解説文図版共に大変充実した内容で、大判でカラー印刷であることもとてもありがたいです。こういった解説本は決し...


昨年図書館で目にして購入させていただいたのですが、ギリギリで絶版になるとか・・・。有職の学び初心者として使用した感想は初心者にも分かりやすい・読みやすい書籍です。図版もカラーを多用し、豊富で古典に出てくる衣類をイメージするのに非常に参考になります。その内容にもかかわらず敷居の低めな...

投票する

かえるのごほうび

得票:41票

かえるのごほうび

著者: 木島始 作 / 梶山俊夫 レイアウト
出版社: 福音館書店 佑学社

平安~鎌倉時代に描かれ、その表現手法から「漫画の元祖」とも言われる鳥獣戯画。京都・高山寺に伝わる絵巻物で、現在は国宝に指定されています。
この鳥獣戯画に現代文を付け、絵本として刊行したのが本作です。福音館書店の月刊誌シリーズ<こどものとも>の一作として1967年に刊行され、その後1986年に佑学社より単行本の絵本として復刻されました。
サル、ウサギ、カエルが生き生きと動き回るさまを躍動感のある文体で語りかける“異色の絵本”に、たくさんの注目が集まっています。

【リクエストコメントより】
幼稚園の絵本サークルの代表をしていますが最近の絵本はとにかく「かわいい」絵のタッチの本が多いような気がします。 皆が持ち寄って紹介する本も「かわいい」絵ばかり…。 絵本の原点と呼ばれるこの作品で皆と意見交換をしてみたいなあと思いました。


「こどものとも」での初版を持っていました。子供心にとても楽しかったのを覚えています。 昔の日本の絵解きの楽しさを、子どもたちに知ってもらう。日本の伝統的な絵に親しんでもらうためにも、このような良書をぜひ復刊してください。

投票する

T-POINT

Tポイントキャンペーン
「ダブルポイントプログラム」実施中
投票タイトルを購入:ポイント5倍
※事前にTポイント利用手続きが必要です。

スケジュール

投票受付スケジュール
投票受付:投票期限はありません
※必ずしも復刊をお約束する企画ではございません。

TOPへ戻る