復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

109

投票する

ぼくのだいじなあおいふね

ぼくのだいじなあおいふね

復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 109

著者 ディック・ブルーナ 絵 / ピーター・ジョーンズ 文 / なかがわけんぞう 訳
出版社 偕成社
ジャンル 児童書・絵本
ISBNコード 9784033273303
登録日 2016/05/03
リクエストNo. 63383

リクエスト内容

ハンディキャップを持っている子どもについて、同世代の子どもたちに理解してもらうためにぜひとも復刊して欲しい本です。

古書でもものすごい高値がついてしまっています。これでは気軽に入手出来ません。

復刊ドットコムスタッフ

ミッフィー(=うさこちゃん)の生みの親として世界的に知られるディック・ブルーナらによる、耳の不自由な4歳の男の子ベンが主人公の絵本。日本版は1986年刊。
補聴器をつけたベンの毎日の生活をシンプルな文体とイラストで描いた内容で、聴覚に障がいのある/なしに関わらず、すべての子どもに読んでほしいという著者の思いにあふれた作品です。現在は入手が困難となっている本書に、「自分の子どもにも読ませたい」と多くの復刊リクエストが寄せられています。

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全109件

  • 耳の聴こえないひとりとして、聴こえないこどもたちにも喜んでもらえる、世界が広がる、この絵本の復刊を希望します。 (2018/03/07)
    GOOD!10
  • 聴こえる、聴こえないは体の違いなだけで同じ人であり
    それを自分の子供達に教えてあげたい。
    違っていいんだよ とこのご時世みんな言うけど
    違っていいと受け入れている社会実現はまだ少ない。
    私の地域は封建的な為、こうゆう絵本から慣れ親しんでほしいから復刻を強く希望します。 (2018/09/17)
    GOOD!2
  • 難聴児に対しての理解を就学前か1/2年生の子どもに促すのに最適な本というとそんなに多くありません。その貴重な分野の絵本だったのですがどうやら久しく重版されていないようです。古書でも大変高値がついてしまい、入手困難になってしまっています。

    これから様々なハンディや個性を持つ人々への理解を小さい頃から育てていく世の中になってほしいという願いをこめて復刊を希望します。 (2016/05/03)
    GOOD!2
  • 読み聞かせの勉強をしている者です。
    友人の薦めで読んでみたいと思い調べたところ手に入らないようです。
    ブルーナの絵本はどの年齢のひとにも親しみやすく、わかりやすくシンプルに大切なことを伝えてくれます。
    大切なことは代わりのきかないブルーナの作品で残しておきたいと思います。 (2020/07/12)
    GOOD!1
  • この本の存在を知ったのはつい最近です。
    自分と同じ聴覚障害をもった子のこういう話はあまり無くて、少し孤独に感じている部分がありました。なので知った時は感激したのと同時に入手が難しい事に自分でもビックリするくらい落ち込みました。どうしても読みたくて探し回りましたが難しく諦めかけましたが、こちらのサイトで同じ本の復刊を希望している方のブログから来ました。ここで復刊できるチャンスを逃したくありません。 (2020/07/09)
    GOOD!1

もっと見る

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

NEWS

  • 2018/04/25
    『ぼくのだいじなあおいふね』が100票に到達しました。

  • 2018/03/10
    『ぼくのだいじなあおいふね』が50票に到達しました。

  • 2018/03/07
    『ぼくのだいじなあおいふね』が10票に到達しました。

  • 2016/05/03
    『ぼくのだいじなあおいふね』(ディック・ブルーナ、ピーター・ジョーンズ)の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!