復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

エリーザベトさんのページ

復刊リクエスト投票

  • 新約聖書物語(全2冊)

    【著者】犬養道子

    かつて、20代の若き日に手に取って読んだ書物です。その後アメリカに住んで洗礼を受け・・・あれからの月日を振り返ってみると、いつもそこには犬養道子さんという方の存在があった気がします。是非、又復刊して欲しいです!(2006/05/10)
  • あしながおじさん

    【著者】ウェブスター

    昔から村岡花子さんのファンでした。そして、今ひょんなことから足長おじさんに巡り会いました(!)ので、懐かしいこの本をもう一度読んでみたいと思います。是非、復刻をお願い致します。(2006/02/09)
  • 「父の娘」たち 森茉莉とアナイス・ニン

    【著者】矢川澄子

    森茉莉さんというのはお父様があの森鴎外さんでいらして、そのご兄弟の森於菟(オットー)氏は「父親としての森鴎外」を著されています。本名・森林太郎さんである鴎外さんは作家であると同時に軍医でもあり、私の祖父が小倉時代にその部下であった為、鴎外さんは私の父の名付け親・・・というような個人的なご縁もある方。今まで教科書に出て来るだけの存在でしたが、そろそろこの方の作品も手にとってみたい年になりました。そして、この本も是非読んでみたい一作です!(2005/12/02)
  • 赤毛のアンシリーズ 全十巻

    【著者】ルーシー・モード・モンゴメリー 村岡花子訳

    私にとって、ヘッセの作品集とこの赤毛のアンシリーズは青春の思い出と共にいつまでも残る名作集です。高校時代、秋はヘッセを春にはアン・ブックスを読み耽りました。特にアンの方は結婚してからも毎年の様に、その時期に即した内容(恋人時代・結婚・出産・子育てなど)にあわせて読み返していました。文庫本はいつしか手元からいくつか失われてしまい、この復刻がなされたら是非買い求めたいと思います。(2005/11/30)
  • ヘッセ全集(全10巻)

    【著者】ヘルマン・ヘッセ

    ヘッセとの出会いは中学時代に遡りますが、詩人に憧れていた当時はその詩集を暗記するほど何度も読み返しました。その後、「デミアン」を読み高校時代は求道者・人生探求者としてのヘッセに惹かれ、将来大学でヘッセ研究することを決意したのでした。高橋健二氏の名訳はその頃の思い出と相俟って懐かしく、私の青春時代の熱い思いをもう一度思い起こさせてくれるものです。この全集はそれ故に生涯手元に置いておきたい書物なのです。 どうか、復刻の願いが叶えられますように!(2005/11/08)

T-POINT 貯まる!使える!