1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『「父の娘」たち 森茉莉とアナイス・ニン(矢川澄子)』 投票ページ

「父の娘」たち 森茉莉とアナイス・ニン

  • 著者:矢川澄子
  • 出版社:新潮社
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2001/03/20
  • ISBNコード:9784103278030
  • 復刊リクエスト番号:3443

得票数
45票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

森鴎外の娘茉莉と同じく作家の娘アナイス・ニンとの比較など

投票コメント

森茉莉さんというのはお父様があの森鴎外さんでいらして、そのご兄弟の森於菟(オットー)氏は「父親としての森鴎外」を著されています。本名・森林太郎さんである鴎外さんは作家であると同時に軍医でもあり、私の祖父が小倉時代にその部下であった為、鴎外さんは私の父の名付け親・・・というような個人的なご縁もある方。今まで教科書に出て来るだけの存在でしたが、そろそろこの方の作品も手にとってみたい年になりました。そして、この本も是非読んでみたい一作です! (2005/12/02)

1

森茉莉はともかく、アナイスはこれからどんどん翻訳本も出てくると思うし、彼女の幼少時代、特に「父」との関係を扱っている非常に重要な本であると思います。作者の矢川さんの遺作もアナイスの少女時代に関する本であるなど、矢川さんを研究していく人たちにとっても見逃せない1冊では?この本は私も卒論で参考にさせていただきました。 (2004/12/13)

1

昨年8月に最愛の父を亡くし、自分がいかにファザコンであったかを痛感するようになりました。以前、この本の書評を読み「これって私のことかも。いつか読んでみたい」と思っていたので、父の死後、入手しようとしたのですが、絶版になっていると知り、愕然としました。復刊を強く希望します。 (2004/01/03)

1

森茉莉とアナイス・ニンー両名とも大好きな作家です。亡くなられた矢川澄子氏の翻訳ものも愛読してきましたが、「ユリイカ」の矢川氏追悼特集で私の好きな作家について書かれていることを知り、是非読んでみたくなりました。幼子をかかえ、働いている身としては、図書館にいく暇もありません。是非購入したいのです。復刊を待ちわびております。 (2003/08/21)

1

どうしてもどうしても読みたい本です。 八方手を尽くしても手に入りませんでした。 矢川澄子さんが5月末にお亡くなりになり、数少ないアナイス・ニンの専門家の一人が日本から居なくなってしまい、非常に惜しいことだと思います。 哀悼の意をこめて復刊を願います。 (2002/10/10)

1

もっと見る

新着投票コメント

矢川さんがこのタイトルで、どう書かれたのか知りたいです。 (2006/06/16)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2006/08/25
『[』販売開始しました!
2006/08/25
『「父の娘」たち 森茉莉とアナイス・ニン』販売開始しました!
2001/03/20
『「父の娘」たち 森茉莉とアナイス・ニン』(矢川澄子)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

日本文芸に関するQ&A

怪奇小説短編集

確か怪奇小説の短編集に収録されていたものの一つだと思います。 文庫本で図書館で借りて読みました。 男女のカップルとちょっと変わった女友達が出てきます。この三人が暮らしている街には 幽霊が出るという...

TOPへ戻る