1. TOP
  2. 小々田甲児さんの公開ページ

小々田甲児さんのページ

復刊リクエスト投票

世界怪奇シリーズ

70年代に幼少期を送った者には、そのタイトルの羅列だけで眼を留めずには置けません。ネットの普及でこうした想像性は絶たれただけに、どうにかして読んでみたいですね。 (2009/07/03)

世界怪奇シリーズ
【著者】中岡俊哉 南山宏 佐藤有文 ほか

ゲッターロボ(蛭田充版)

テレビ放送世代にとって、当時の雑誌掲載作品は単なる「漫画化」ではなく、紛れも無いキャラクター「そのもの」です。秋本・斉藤etc版と共に、出来れば特集記事なども含め「ヒーローとしてのゲッターロボ」を体感したいですね。 (2009/06/27)

ゲッターロボ(蛭田充版)
【著者】蛭田充(原作 永井豪/石川賢)

サンワイドコミックス版 ゲゲゲの鬼太郎

朝日ソノラマの漫画単行本はそれというだけで愛好家の飢えを癒すに足る有難いブランドでした。分けても水木しげる作品はココのおかげでどれだけ読むことができたでしょう?その旗頭となる「鬼太郎」の、あの充実した内容だっただけに「もう、世にある鬼太郎はすべてココに収めて欲しい」と思ったのは自分だけではないと思います。なんとか、実現して欲しいものですね。 (2009/06/26)

サンワイドコミックス版 ゲゲゲの鬼太郎
【著者】水木しげる

ファイヤーマン

テレビ本編は「サザエさん」の真裏で、ついつい観忘れがちでしたが、キャラクターは雑誌の記事や漫画で楽しんでました。ブームの中、派手にエスカレートしがちだった怪獣・怪人の中にあってシンプルな恐竜型怪獣が魅力的でした。漫画は一峰大二版のみが一部復刻されていたので、その他の方々の作品もぜひ読んでみたいですね。 (2009/06/26)

ファイヤーマン
【著者】池原しげと/かたおか徹治/蛭田充

快傑ズバット

カルト作のテレビ本編とは違ったケレン味にあふれてましたね。オリジナルキャラのスペードのジョーも魅力的でした。この時期のすがや氏はオリジナル作品も多数執筆され、脂もノリまくっているのでぜひ単行本化してほしいですね。 (2009/06/25)

快傑ズバット
【著者】原作・石ノ森章太郎 画・すがやみつる

もっと見る

レビュー

怪獣ウルトラ図鑑 [復刻版]

問題は・・・

例の宇宙人の存在より、それが本書でどう書かれてたかだと思う。
例えれば初代ウルトラマン地球到来の目的が「地球の平和を守るため」と記すようなもの。
揚足取りに解禁を騒ぐだけではそれこそ往事に「被爆者をたかが怪獣に見立てた」と茶化した関係者と大して違いません。
本編をきちんと吟味して、その上で当時の児童向け図鑑としての本書の責任を考えねば本当の解答にはならないと思います。


ところで「クモンガ」はちゃんと「グモンガ」になってるんでしょうか?まぁ御愛嬌の範疇ではあるけども・・・。 (2012/01/18)

怪獣ウルトラ図鑑 [復刻版] (【著者】大伴昌司) ショッピング

小々田甲児さん

小々田甲児さん

プロフィール

[ニックネーム]
小々田甲児さん

TOPへ戻る