1. TOP
  2. 椎木坂の住人さんの公開ページ

椎木坂の住人さんのページ

復刊リクエスト投票

南京大虐殺の証明

最近は、中国宣伝工作説が有力である。 私もその説に近いし、そうでありたい。 最近も裁判による判決が出たが、ハッキリしない。 日本国民の精神状態が、実に芳しくない。 最近は、中国の対日材料になっている。 のであるが違う説が説得力を持つというのなら、読んで見たい。 櫻井よし子氏との違いは、どこにあるのか? (2005/08/24)

南京大虐殺の証明
【著者】洞富雄

古事記の開顕・神々の夜明

古事記の世界。誰も見られない世界である。 何故に、こうまで人を魅了させるのであろうか? 私も魅了されたい(読んでいないので)一人である。 なるほど、へ~ふ~んとさせて欲しいのだが (2005/08/24)

古事記の開顕・神々の夜明
【著者】太田水穂

復原された古事記

古事記についての異なる解釈もありうる。 それを違うとする解釈もありうる。 復元された古事記であるならば、オリジナルがあるから復元されたであろう。面白いではないか。 実に古事記は面白い。 (2005/08/24)

復原された古事記
【著者】前波仲尾

真説・南京攻防戦 生き証人たちが叫ぶ南京戦の実相

日本人として「南京大虐殺」は、恥である。 ”恥の文化”を持つ日本人として、真実はどうなんですか?が知りたい。 中国側の宣伝工作の結果だとすれば、誠に嘆かわしいのである。 戦後60年を経過した今日、主張すべきは主張しなければならないといえる。 中国のいう「日本は被害者の立場なり感情が分かっていない」という感情論と違う次元である。 まずは本当はどうだったのが先決である。 最近の南京大虐殺報道裁判でもハッキリしない、このままヅルヅルと悪の日本人として生き延びてゆくしかないのであろうか? (2005/08/24)

真説・南京攻防戦 生き証人たちが叫ぶ南京戦の実相
【著者】前川三郎

古事記と現代の予言

古事記を読み、関連す書物に首を突っ込み、稗田阿礼の暗唱の世界を頭の中で旅をする。 その背景には、どのような精神が具象が時代背景があったのであろうかと想像することは日本人の喜びである。 古事記を解釈するにあたり、解釈する現代の稗田阿礼の想像する世界に入り込めるのもかの時代の先人の知恵である。古事記の世界にタイムスリップするのも面白いではないかと。 (2005/08/24)

古事記と現代の予言
【著者】谷口雅春

もっと見る

椎木坂の住人さん

椎木坂の住人さん

プロフィール

[ニックネーム]
椎木坂の住人さん

TOPへ戻る