復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

たか9428さんのページ

復刊リクエスト投票

  • サイモンとガーファンクル/旧友

    【著者】ジョ-ゼフ・モレラ、パトリシア・バ-リ、福島英美香

    今も絶大な人気を誇るサイモンとガーファンクルの評伝として非常に優れていると思いますので、復刊を希望します。(2004/09/02)

レビュー

  • あしたのジョー Vol.2:灰になるまで <漫画原稿再生叢書>

    高森朝雄 原作 / ちばてつや 漫画

    矢吹丈の眼に惹かれて

    高森朝雄さんの原作では、ラスト、ジョーは葉子と一緒に日向ぼっこをしているところで終わっていたそうです。漫画のラスト・シーンのあとには、そんなシーンが続いているのだと、私は今も思っています。ジョーは死んでいない、死ぬわけがない、なぜなら「あした」のジョーなのだから。

    だから、「灰になるまで」というタイトルではなく、「リングで燃え尽きたそのあとも」、そんなふうなタイトルであって欲しかったです。

    「あしたのジョー」は、私がこの世界で一番好きな漫画作品です。私は今も、力石を失ったあとのジョーの、悲しみに沈んだ瞳に惹かれています。(2021/11/04)

  • 私家版・ひし美ゆり子 クロニクル 1 「井の頭公園と私 1954-70」

    ひし美ゆり子

    私を救ってくれたアンヌ隊員に

    『ウルトラセブン』の最終回で、自分の正体を告げたダンにアンヌが送った言葉は、当時幼い子どもだった私を救ってくれました。でも、未だに、なぜ自分はそう思ったのか、上手く言葉にできないでいます。

    言葉にすればするほど、自分の本当の想いから、遠ざかって行くような気がして。

    一つだけ確かなことは、アンヌのセリフは、私が今まで観たすべてのドラマ・映画の中で、一番感銘を受けた言葉だ、ということです。

    本書(本冊子というべきでしょうか?)に収められた写真、一枚、一枚を見て行くと、たまらなく愛おしく、また、切ない気持ちに襲われます。

    これらの写真が撮影された一瞬、一瞬、私も確かに、別の場所・別の空間で生きていたのだ―そう思った私の気持ちを、誰かに伝えたいです。

    ページをすべて捲ったあと、私はもとのビニール袋に入れ直したのですが、それは、あの頃の記憶を、心の奥底に封印したいと思ったからかもしれません。

    ひし美ゆり子さんに、ウルトラセブンに、ダンに、そして、本冊子を製作してくださったすべての皆さんに、心から感謝します。

    アンヌの言葉があれば、私はまだこれからも生きていけそうです。(2021/06/07)

T-POINT 貯まる!使える!