1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 実用書
  4. 『秘伝穴熊王 堅い・攻めてる・切れない・勝ち!(美馬和夫)』 投票ページ

秘伝穴熊王 堅い・攻めてる・切れない・勝ち!

  • 著者:美馬和夫
  • 出版社:毎日コミュニケーションズ
  • ジャンル:実用書
  • 復刊リクエスト開始日:2002/04/07
  • ISBNコード:9784895636391
  • 復刊リクエスト番号:8917

得票数
37票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

穴熊戦の戦い方のコツを、その道の大家・美馬和夫氏が実践的に解説した書物。名著「定跡外伝」、「棒銀一直線」等と同一シリーズの1冊。

投票コメント

美馬先生の名著。以前、柏将棋センターで角落ちで教わってからの大ファン。個人的な感情を除外してもやはり良書であると思う。プロが書いた穴熊本とはまた別の視点で書いてある。復刊したら絶対買わせて頂きます。どうか宜しくお願い致します。 (2004/11/07)

1

上司の穴熊党の方からこの本を薦められました。 この本についてインターネットで調べて見て、評価が高い事と既に絶版であることを知りました。 自分の棋力の向上、またその穴熊党の上司を一泡吹かせるためにも、是非入手したいと思います。 (2004/03/11)

1

著者の美馬氏はアマチュア棋界の第一人者であり、穴熊のスペシャリストとしても大変名高く、若き日はミマグマと言われた事もある位の人である。そんな人が書いた穴熊の本はプロとは一見違った感覚があり、大変面白い。つまり内容が実戦的なのである。プロはやはりアマチュアとは違い型通りの将棋を指すが、アマチュアは独自の研究などを混ぜて好きな将棋を指す人が多く、アマ間で人気の高い戦法である穴熊などは特にそれが顕著であるといっていい。その勘所をすべて網羅してるこの本はアマチュアにとって福音であろう。ぜひ復刊すべし!と願う。 (2003/03/13)

1

読んでみたいです (2010/09/05)

0

穴熊戦の独特の感覚を述べた好著であるから。 (2010/03/08)

0

もっと見る

新着投票コメント

昔読んだが、穴熊全盛の今改めて読み直したいから。 (2014/12/07)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2002/04/07
『秘伝穴熊王 堅い・攻めてる・切れない・勝ち!』(美馬和夫)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

趣味・スポーツに関するQ&A

昭和58~59年のスポニチの官能小説について

この頃にあった官能小説のタイトルを教えてください。 宇能鴻一郎ではなかったかと思うのですが、はっきりとはわかりません。

TOPへ戻る