1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『エンパイア・スター(サミュエル・R・ディレーニ)』 投票ページ

エンパイア・スター

  • 著者:サミュエル・R・ディレーニ
  • 出版社:サンリオ
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2002/04/05
  • 復刊リクエスト番号:8880

得票数
58票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

ハヤカワ刊「プリズマティカ」にも収録されている一編ですが、翻訳者が違うため、受ける印象も全く違います。ディレイニー「アインシュタイン交点」刊行時のSFマガジンの特集記事の中の「約5750語」を読んでからまた読むと、さらに原文を読みたくなります。逆に言うと「プリズマティカ」内の「エンパイア・スター」を読んでからでないとキツイです。

投票コメント

ディレーニの最高傑作であるばかりでなく、SFというジャンルが奇跡的に到達した文学的奇跡の実例であると思っています。小説の構造が、この小説の主人公の探し求めるある概念そのものの例となっているという入籠構造の巧妙さは、ディレーニ本人もこんなにうまくいくと思っていたのでしょうか。そして、このとんでもなく前衛的なこの小説が同時にジュブナイルであることと非常に高い次元で両立しているのです。この点、実験性が強く出てしまっているアインシュタイン交点などよりも、本作の方がはるかに素晴らしい。 (2005/09/23)

1

いつまでも古本コレクターの愛玩物にしておいてはいけないですね。 “幻の名作”は、復刊されたとたん“幻”ではなくなりますが、“名作”でなくなることも多い。 しかし『エンパイア・スター』は違う。 私にとっては、T・S・エリオットの『四つの四重奏』を映像化した奇跡的な離れ業でした。広く たくさんの人々に読まれるべきだと思う。 (2002/10/07)

1

いいかげんに出版に手を出し、無責任に撤退したサンリオは、 文化を踏みにじる犯罪組織。キティちゃんは見たくもないが、 SF文庫の作品は、早川でも東京創元でも新潮でもいいから (ただし扶桑社は出すな!)、はやいとこ復刊して欲しい。そ の筆頭は、ディレーニのこれでしょう。「重要な作品である」、 あるいは「自身のベスト○○の一冊である」などと多くの方 が推しているのに、なぜ復刊されないのか、さっぱり理解が できない。 (2002/08/02)

1

復刊する価値のある本だと思います。 (2014/12/17)

0

愛読書の一冊でしたが、不覚にも破損してしまいました。 是非とも復刊お願いします。 (2014/06/07)

0

もっと見る

新着投票コメント

古書が高すぎる (2016/07/26)

0

もっと見る

投票する

このリクエストの関連商品(1件)

  • ドリフトグラス

    ドリフトグラス

    在庫僅少

    【著者】サミュエル・R・ディレイニー 著 / 浅倉久志 伊藤典夫 小野田和子 酒井昭伸 深町眞理子 訳
    【発送】2019/04/上旬

    アメリカの神話的SF作家サミュエル・R・ディレイニーの全中短篇を網羅する決定版コレクションがついに登場! 名作「時は準宝石...

    3,888 円 (税込)

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2014/12/08
『ドリフトグラス』復刊決定!
2002/04/05
『エンパイア・スター』(サミュエル・R・ディレーニ)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

海外文芸に関するQ&A

海外警察小説で、五年以上前に読みました。新作ではありませんでした

タイトルを教えて下さい。 あらすじは、娘が失踪して、母親が憔悴します。 警察が色々調べて、最後の最後に、母親が殺しを自供します。 その自供が鬼気迫っていて、長い独白で、少し狂気じみてい...

TOPへ戻る