1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『コンパス・ローズ(アーシュラ・K・ル・グイン)』 投票ページ

コンパス・ローズ

  • 著者:アーシュラ・K・ル・グイン
  • 出版社:サンリオ
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2002/03/14
  • 復刊リクエスト番号:8418

得票数
44票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

蟻語、ペリカン語などの非コミュニケーション言語(?)をテーマにした「アカシヤの種子に残された文章の書き手」、窮極的な精神測定法の発明者の滑稽悲惨な転落を描く「SQ」、若い精神透視医の意識に鋭く追る「バラの日記」、異星への植民者たちを悩ませるアレルギ一症状の秘密をあばく「目の変質」、ヒネリのきいた変身譚「ザ・ワイフス・ストーリー」、女だけの南極探険隊の物語「スール」、等々、1974年から1982年にかけて書かれた20編を収録した本書は、『風の十二方位』に続く、ル=グイン待望の第二短編集であり、SF、ファンタジー、普通小説をまたにかけたル=グインの豊饒な作品世界への格好の手引きであり、混沌たる精神の海へ船出する若き航海者たちコンパスに贈られた羅針盤であり、美しい一輪の薔薇でもあるだろう。

収録作品

『序文』
天底 -Nadir
『アカシヤの種子に残された文章の書き手』 / 『ニュー・アトランティス』 /
『シュレディンガーの猫』
北 -North
『北方線の二度の遅れ』 / 『SQ』 / 『小銭』
東 -East
『“ダーブのカダン”星に不時着した宇宙飛行士の最初の報告』 /
『バラの日記』 / 『白いロバ』 / 『不死鳥座』
天頂 -Zenith
『船内通話機』 / 『目の変質』 / 『迷路』 / 『欲望の通路』
西 -West
『グイランのハープ』 / 『マリュール郡』 / 『湖面は広い』
南 -South
『ザ・ワイフス・ストーリー』 / 『時間の欠乏という問題の解決法のいくつか』 /
『スール』

投票コメント

ル・グウィンの作品は「闇の左手」、「ゲド戦記」と読んで来て、その世界観をもっと味わいたいと思った。 「闇の左手」の巻末に邦訳書リストがあり、思ったよりも多く出版、そして絶版となっていることを知ったので、それらも是非読んでみたいと思い復刊のリクエストを致します (2010/03/13)

1

直接入力しようとしたら文字化けしてしまうので、ちゃんと反映されるか心配ですが… ただいま、遅ればせながらもアーシュラ・K・ル=グウィンの作品を読みあさっていますが、こちらの作品は入手できなくて…(汗)それで今回復活希望に一票を投じます。 どんな形でもよいので(作品を読めたらもうそれで充分です)よろしくお願いします! ★ホントは、ル=グウィンの作品(SF、FT問わず)を翻訳済み、未翻訳の作品を全集のような形でまとめてどこかで出してもらえないかなーと思っていたりします(無理かなー…)。 (2007/08/28)

1

ル・グィンは好きな作家ですが、この作品は読んだことありません。ぜひ読んでみたいですね。 (2013/03/15)

0

quo

quo

あ~…読んだ事無いです。 (2013/01/30)

0

ル=グウィンの著作を最近読み始めましたが、はずれがないです。過去の作品も読みたくなり投票しました。 (2009/12/23)

0

もっと見る

新着投票コメント

読みたいです。 (2014/09/08)

0

もっと見る

投票する

このリクエストの関連商品(1件)

タイトル

著者名

価格

販売サイト

コンパス・ローズ アーシュラ・K・ル=グウィン 著 / 越智道雄 訳
1,080円 amazon.co.jp

※こちらの商品は販売先の状況によって品切れになる可能性があります

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2013/01/28
『コンパス・ローズ』復刊決定!
2002/03/14
『コンパス・ローズ』(アーシュラ・K・ル・グイン)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

海外文芸に関するQ&A

海外警察小説で、五年以上前に読みました。新作ではありませんでした

タイトルを教えて下さい。 あらすじは、娘が失踪して、母親が憔悴します。 警察が色々調べて、最後の最後に、母親が殺しを自供します。 その自供が鬼気迫っていて、長い独白で、少し狂気じみてい...

TOPへ戻る