復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

19

投票する

大連特務機関と幻のユダヤ国家

大連特務機関と幻のユダヤ国家

復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 19

著者 安江弘夫
出版社 八幡書店
ジャンル 専門書
ISBNコード 9784893503145
登録日 2002/01/02
リクエストNo. 7192

リクエスト内容

戦前、戦中の極東でのユダヤ人問題について、大連の特務機関長
である安江仙弘が、どのようにユダヤ人に対したかを、息子であ
る作者が、資料をもとにまとめたもの。 当時は、ドイツでのユ
ダヤ人迫害があり、多くのユダヤ人はロシアを経由して、極東に
逃げてきていた。日本の軍部は、ドイツとは同盟関係でありユダ
ヤ人を保護できない。と主張するが、満州国は、日本の属国では
あるが、独立した法律があり、ユダヤ人を助ける事ができる。そ
の為に苦労した、安江の資料ということしかわからない。

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全19件

  • くわしいことは読んでみないとわからない。 本のスタイルも伝
    記なのか資料なのかがわからないが、今では見る事の出来ない外
    務省の資料なんかも掲載しているらしいので、是非復刊してほし
    い。文庫でもいいと思うのだが。 戦争中のユダヤ人問題では、
    ポーランドの杉原千畝が有名だが、それ以外にもユダヤ人の為に
    苦労した日本人がいることを忘れてはならない。 実際ユダヤ人
    は歴史的にも日本人に対して、悪い感情はないと思う。だから、
    アメリカや欧州の人よりも、ユダヤ人やイスラム人の問題に対し
    て公平に判断することができる。今の世界情勢を見ても、日本の
    外交的なチャンスとしか見えない。少し前にユダヤ問題が、は
    やって本がたくさん出版されたが、こういった、日本人とユダヤ
    人の繋がりを示すような本こそ、出版されるべきであり、民衆の
    たちばから、外務省に底上げしないと、全然ダメ。貴重な本であ
    ると思う。 (2002/01/02)
    GOOD!1
  • 戦前の日本におけるユダヤ観に関心がある。 (2011/02/14)
    GOOD!0
  • 是非とも一読したい資料です (2009/10/11)
    GOOD!0
  • 転々社発行の”「ミョウヒン工作」成ラズ”に書いてあったので知りました。第二次大戦中の特務工作について知りたく、その一環として本書の復刊を希望します。 (2009/04/19)
    GOOD!0
  • 他書では読めない貴重な資料の筈。 (2008/12/25)
    GOOD!0

もっと見る

読後レビュー

全1件

  • 類書の無い文献

    十数年日本を離れていました。この本を知りネットで
    定価の倍値以上で購入しましたが、皆さんに読んで頂きたく
    再版を希望いたします。
    そのぐらい価値のある、文献です。再版に当たっては、地図
    索引を、付けてください。 (2012/02/28)

    GOOD!0
  • レビュー投稿はこちら

NEWS

  • 2002/01/02
    『大連特務機関と幻のユダヤ国家』(安江弘夫)の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!