復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

1

投票する

ハイゼンベルク形式による量子力学

ハイゼンベルク形式による量子力学

復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 1

著者 H.S.グリーン(著) 中川 昌美(訳)
出版社 講談社
ジャンル 専門書
ISBNコード 9784061222311
登録日 2021/06/17
リクエストNo. 71375

リクエスト内容

波動力学をもとにして量子力学を説明する教科書が多い中、この本はハイゼンベルグ形式を用いて量子力学を説明している。
ハイゼンベルク形式で量子力学を捉えておくことは後に出てくるディラックの記法を理解するうえで大きな助けになる。また、場の理論や相対論的量子論においてはハイゼンベルク形式が広く用いられている。
行列力学を説明してくれる本のほとんどはあくまでも波動力学への導入としてであり少し物足りない。対してこの本ではハイゼンベルク形式を用いて量子力学のかなり踏み込んだところまで説明している。

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全1件

  • 図書館で少しだけ読んだが、行列力学でここまで深くまで量子力学を説明してくれる本は他には見たことがない。
    量子力学をこれから学びたいと思っているがこの本を教科書の一つにしたいと思う。数学や物理の本は自分で書き込みながら読まなければ身につかないと思っている。
    同じようなことを思ってくださる方、量子力学を学んだ先輩方、その他の方も是非ご協力いただきたい。 (2021/06/17)
    GOOD!1

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

NEWS

  • 2021/06/17
    『ハイゼンベルク形式による量子力学』(H.S.グリーン(著) 中川 昌美(訳))の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!