復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

1

投票する

うるしの話

うるしの話

復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 1

著者 松田権六
出版社 岩波書店
ジャンル 文芸書
ISBNコード 9784003356715
登録日 2021/02/26
リクエストNo. 70909

リクエスト内容

すぐれた技法と美しさで世界に知られる漆芸.漆聖とよばれた漆職人がその制作工程や技法について語る。
英語でジャパンといえば漆器を意味するほど,漆芸は,日本固有のすぐれた技法として広く認められている。今日の化学塗料にも優る堅牢さをもつ漆は,古くから日本人の生活にとけこんできた。本書は,漆聖とよばれた著者(1896-1986)がその体験を織り交ぜながら,漆塗りの制作工程や伝統的技法について語ったものである。

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全1件

  • 数年前より金継ぎを学び始め、漆芸についてより理解を深めたいと思っていたおり、図書館でこの本を見つけました。平易な言葉と写真でまとめられており、手元においておきたいと探したのですが、すでに絶版となっており、ぜひ復刊してほしいと思った次第です。金継ぎが広く知られるようになった今日、よりおおくの方によき間口となる一冊ではないかと思います。 (2021/02/26)
    GOOD!1

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

NEWS

  • 2021/02/26
    『うるしの話』(松田権六)の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!