1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 児童書・絵本
  4. 『ねっこぼっこ(ジビュレ・フォン・オルファース)』 投票ページ

ねっこぼっこ

  • 著者:ジビュレ・フォン・オルファース
  • 出版社:福武書店
  • ジャンル:児童書・絵本
  • 復刊リクエスト開始日:2000/06/17
  • ISBNコード:9784828810607
  • 復刊リクエスト番号:696

得票数
63票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

ねっこぼっこは土の精。色とりどりの花や虫になって野原や森や水辺に春を運んでいきます。四季のうつりかわり、母なる大地の豊かさを歌のような詩と愛くるしい絵で綴る絵本。

投票コメント

ドイツ語版と英語版をもっていて、5才の娘はとても気に入ってます お友達に「素敵な本ね!どこで買ったの?」と聞かれますがなかなか手に入らないので、ぜひ、出版を望みます。 その際、ドイツ語版の色がいいので色に気を使って下さい!! (2002/11/11)

1

しばらく前は草地の上が桜色の洪水のようだったのに、花はどこかに行ってしまいました。何回見ても不思議です。花がどこへ行ったのか、来年はどうなるのか、その答えがこの絵本の中にあります。科学を知る前に、子どもはこんな形で、不思議と出会っておくのでしょうし、そのときにしか育たないものってあるなあと思います。 孫に一冊だけしか絵本を買えないなら…と考えてみたとき、私は『ねっこぼっこ』を選びます。 (2002/04/08)

1

おりこうなアニカやおひさまのたまごの復刊を教えてあげた友人が、「ねっこぼっこも復刊するといいのに…」と言っていました。私はこの本を知らなかったのですが、その友人に内容を聞いたら、ぜひ読んでみたくなったので、投票します。 (2001/05/28)

1

松井るり子さんの本で紹介されていて、その後、さっそく図書館 で借りてきて子供達に読んで聴かせました。絵のタッチが柔らか で見ているだけでも飽きなかったのを覚えています。図書館では 延長して長く借りていました。出来れば、自分の手許にいつまで も置いておきたい本です。松井さんの本の中でも絶版とされてい てとても残念に思いました。“ねっこぼっこ”とこの題名の語感 がとても好きです。是非、復刊してください。 (2001/05/22)

1

最寄りの図書館に蔵書がなく、別の図書館から取り寄せて何度も読んでいます。この本を知って、しまいこまれていたような新芽の不思議を理解できた気分です。こどもにいのちの尊さを伝える自信がつきそうな絵本です。 (2000/06/17)

1

もっと見る

新着投票コメント

四季の移り変わりが子どもにも、わかりやすく書かれていて 絵もとてもキレイ。 とっても夢のある本で、手元に置いておきたい本です。 (2003/03/19)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2005/10/04
『ねっこぼっこ』販売開始しました!
2003/04/10
『根っこのこどもたち目をさます』販売開始しました!
2000/06/17
『ねっこぼっこ』(ジビュレ・フォン・オルファース)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

絵本に関するQ&A

絵本さがしています!キーワード:雲の上の男の子 / 鳥 / 海の底に住んでいる女の子

今から20~25年ほど前に、知り合いから頂いた絵本をさがしています。 うろ覚えなためキーワード程度になりますが、 登場人物は、雲の上に住んでいる男の子(王子?)と鳥(つばめ?)と海の底に住ん...

TOPへ戻る