復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

2

投票する

Island of Sodor: Its People, History and Railways

Island of Sodor: Its People, History and Railways

復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 2

著者 Rev. Wilbert Vere Awdry , George Awdry
出版社 Heinemann Young Books
ジャンル 文芸書
ISBNコード 9780434927623
登録日 2019/09/07
リクエストNo. 68748

リクエスト内容

日本では「きかんしゃトーマス」の名前で有名な「汽車のえほん(原題:The Railway Series)」。
これら絵本シリーズは一見してファンタジーに見えるが、その実リアリティを追求し、緻密な(歴史・地理学・言語・産業・地質学に及ぶ)設定を重ねた作品郡です。

 本書「Island of Sodor: Its People, History and Railways 日本名:ソドー島 その住民・歴史・鉄道」はその「汽車のえほん」だけではわからない設定を原作者ウィルバート・オードリー牧師とその弟ジョージが集大成としてまとめ上げた一冊となります。

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全2件

  • 幼少期にテレビで初めて見たきかんしゃトーマス。
    幼少の頃は、何故この番組にこれほどにまでハマっていたのかが分からなかった。

    今にして思えば、きかんしゃトーマスの造形、キャラクター、音楽といった本作の織りなす世界観が、どこかファンタジーを含みながらも現実味を感じさせる雰囲気を有していたからなのだと思う。(少なくとも私は鮮魚貨物列車がお話の中心になる創作物を知らない)。きっと、子供の時分でもそういう創り手のこだわりというのは感覚的に伝わってきていたのだろう。

    自然、原作「汽車のえほん」も読み、そこからその設定本である「Island of Sodor: Its People, History and Railways」も読んでみたいと願うのだが、いかんせん本書は稀覯本の類だ。現状、amazonでも32万円を超えた値段が付いている。とてもではないが一般的なファンが払える値段ではない。
    一度読んでみたいと思うファンも大勢いるだろう。何卒、復刊していただきたいものである。 (2019/09/07)
    GOOD!1
  • 読みたい (2023/02/13)
    GOOD!0

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

NEWS

  • 2019/09/07
    『Island of Sodor: Its People, History and Railways』(Rev. Wilbert Vere Awdry , George Awdry)の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!