1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『福を呼ぶお守り菓子 北海道から沖縄まで(溝口政子 中山圭子)』 投票ページ

福を呼ぶお守り菓子 北海道から沖縄まで

  • 著者:溝口政子 中山圭子
  • 出版社:講談社
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2019/02/26
  • ISBNコード:9784062172776
  • 復刊リクエスト番号:68044

得票数
5票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

祝う 占う 厄を祓う!
願いや祈りをかたちに込めて。全国各地で出会った素朴でかわいく懐かしいお菓子350点。

和菓子の本といえば、四季折々に美しい上生菓子、観光土産の名物菓子、大福・どら焼きのようなおやつ菓子などがよく取り上げられますが、この本はちょっと違います。テレビや雑誌で話題になることもほとんどないような、それでいて、各地の年中行事や習俗と結びつき、昔から大切にされてきた菓子に注目しています。こうした菓子には、厄を祓い、福をもたらす意味があることから、本書では「お守り菓子」と名付けてみました。「お守り」という視点で見ることによって、それぞれの菓子が日本人の信仰や伝統文化などと結びついていることが、より鮮明になると思ったからです。――<「はじめに」より>

第一章 占う 瓢箪山稲荷神社の辻占、平戸の辻占せんぺいなど
第二章 祝う 越後長岡のまいだま、佐賀の寿賀台など
第三章 訪ねる 湯沢の犬っこまつり、上田のわら馬引きなど
第四章 供える 北陸・涅槃会の団子撒き、鹿沼の四十二種の神饌など
第五章 懐かしむ 青森の生大王、鶴岡のきつねめんなど
第六章 祓う 東京の笹団子、金沢のあぶりもちなど
第七章 楽しむ 福岡のだごびいな、京都の福玉など
第八章 知る 沖縄の花ぼうろ、長崎の寒菊など

内容(「BOOK」データベースより)
祝う、占う、厄を祓う。願いや祈りをかたちに込めて。全国各地で出会った素朴でかわいく懐かしいお菓子350点。


投票コメント

年代が進むにつれ失われつつ土地に伝わる風習。特にお菓子をまとめたこの本は資料としても素晴らしく、新しくまとめようとしても難しい貴重な本だと思います。 祈りを込めたお菓子はとても可愛らしく、それを作り出す職人さんたちの技術も残しておきたいと感じています。 (2019/02/26)

1

以前溝口さんのHPで日本各地にこんなに可愛いお菓子がたくさんあるのか!と知りました。ぜひとも復刊望みます。一人でも多くの方に日本ならではの可愛いお菓子の事を知っていただきたいです。 (2019/02/26)

0

駄菓子から献上菓子まで、日本の四季折々の行事や地域の風習と結びついた日本の菓子をあまりない切り口で紹介している貴重な文献だと思います。オールカラーでの復刊を希望します。 (2019/02/26)

0

貴重な文化を残すために (2019/02/26)

0

昔からそれぞれの地域で伝承されてきた祝いや祈りに使われて来た素朴な菓子はどんどん忘れられていきます。その記録や新たな発見に繋げて行くために資料として復刊を希望します。 (2019/02/26)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2019/02/26
『福を呼ぶお守り菓子 北海道から沖縄まで』(溝口政子 中山圭子)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

お菓子に関するQ&A

子ども向けの料理とかお菓子の本を探しています。

小学校か中学校の図書館で読んだ本です。 子供向けというのは、イラストなどの感じからなので不確かです。 タイトルも出版社もわかりません。 覚えていること ・2000年より前の本。読んだ時期がそ...

TOPへ戻る