1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『国家・教会・自由 スピノザとホッブズの旧約テクスト解釈を巡る対抗(福岡安都子)』 投票ページ

国家・教会・自由 スピノザとホッブズの旧約テクスト解釈を巡る対抗

  • 著者:福岡安都子
  • 出版社:東京大学出版会
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2019/02/06
  • ISBNコード:9784130361378
  • 復刊リクエスト番号:67979

得票数
1票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

本書は,今日改めて問い直される近代立憲主義の公理――「国家からの不干渉原則」「公-私の分離」――の歴史的射程を見定めるべく,その起源に遡る.国家と教会,個人の領域についての議論が激しく交わされた17世紀オランダ,とりわけスピノザとホッブズの正典解釈に焦点を当て,近代の始原を解明する.

新着投票コメント

木庭顕『誰のために法は生まれた』でもおすすめされている。品切れというのは残念なので、なんとかしてもらえると嬉しい。 (2019/02/06)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2019/02/06
『国家・教会・自由 スピノザとホッブズの旧約テクスト解釈を巡る対抗』(福岡安都子)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

TOPへ戻る