1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『わたぼうし翔んだ : 奈保子の闘病スケッチ(河合奈保子)』 投票ページ

わたぼうし翔んだ : 奈保子の闘病スケッチ

  • 著者:河合奈保子
  • 出版社:株式会社ワニブックス
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2018/07/08
  • ISBNコード:9784584200674
  • 復刊リクエスト番号:67035

得票数
19票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

昭和55年(1980年)~平成9年(1997年)まで、アイドル歌手・シンガーソングライター・女優などで活躍していた河合奈保子さんの著書です。

昭和56年(1981年)11月5日に、NHKホールで転落事故に遭遇し、命を落としかねなかった重傷のため歌手活動を一時停止するほどでありました。この書籍では、その際の顛末と入院・療養生活についてご自身により克明に記載されています。

河合奈保子さんの思想や感情が当時の可愛らしい10代女性の筆致で書かれています。また、当時の彼女の考える将来についても記載されており、現在の彼女との一致についても驚かされます。

80年代清純派歌手として未だ衰えることの無い人気を有する河合奈保子さんの人となりを知るには素晴らしい好著です。当時のファンの方々のみならず、生まれてもいなかった若いファンの方々にもお勧めします。

投票コメント

河合奈保子さんのような方は、芸公人にはなかなかいないタイプです。この本を読むと、音楽や歌から本当の心が伝わって来るように、彼女の人柄の良さが伝わってきます。「根っから良い人」て気がします。 (2018/08/08)

6

昭和55年(1980年)から平成9年(1997年)まで約17年に亘って、清純派のアイドル歌手・シンガーソングライター・女優などで活躍された河合奈保子さんの著書です。 昭和56年(1981年)10月5日に、歌番組のリハーサル中に4mの深いセリに転落し、生涯車椅子の身体になりかねない重傷(腰椎損傷)を負い、入院・療養を余儀なくされました。状況が悪ければ命を落としかねなかったそうです。 この書籍では、その顛末が当時の10代女性の可愛らしい筆致で書かれています。 また、アイドルの書籍と思えない書籍の装丁や真面目な内容で、彼女の真摯さが伝わってきます。 可愛らしさと美しさ、歌唱力の高さなどにより、今では表舞台に現われなくとも人気が永続している河合奈保子さんの人となりを知るためには必読だと思います。 当時のファンの方々のみならず、一般の方々や当時生まれてもいなかった若い世代の方々にも読んで頂きたく思います。 (2018/07/08)

6

昔、持っていたので内容はある程度覚えていますが、今は持っていません。 今改めて読み返してみると、色々捉え方や感じ方も違うと思うので、また読んでみたいです。 (2018/09/07)

4

歌手デビュー2年目、18歳の女の子が 下半身不随になったかもしれない大怪我にあいながらも 治療してくれた病院の医師や看護婦・スタッフ・親族・療養先の宿のみなさん・支えてくれたファンへの感謝にあふれている本です。 周りを押しのけて自ら前に出てくる方が多いのが芸能界なのに 自分の事よりも周囲を大切にしてた河合奈保子さんの 心遣いに触れられる本です。 (2018/09/05)

4

読んでいて、河合奈保子さんの歌への想いが凄く感じられた。魅力ある本です。 (2018/09/03)

4

もっと見る

新着投票コメント

yas

yas

当時購入して読んだけど、改めてもう一度読み返したい。 (2018/09/21)

1

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2018/09/05
『わたぼうし翔んだ : 奈保子の闘病スケッチ』が10票に到達しました。
2018/07/08
『わたぼうし翔んだ : 奈保子の闘病スケッチ』(河合奈保子)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

エッセイに関するQ&A

白黒の写真のページが時々出てくるエッセイ本

4年ほど前に娘が大学に入学し上京した時、立川駅のお洒落な本屋さんで買って読みました。女性向けという感じ。表紙やタイトルは覚えていないのです。わりと薄い文庫本でした。 かすかな記憶しか無いのですが、...

TOPへ戻る