1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『生理学の夜明け : 血液ガスと酸塩基平衡の歴史(ポール・アストラップ, ジョン・セバリ...』 投票ページ

生理学の夜明け : 血液ガスと酸塩基平衡の歴史

  • 著者:ポール・アストラップ, ジョン・セバリングハウス 著,吉矢生人, 森隆比古 訳
  • 出版社:真興交易医書出版部
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2018/04/17
  • ISBNコード:9784880033655
  • 復刊リクエスト番号:66684

得票数
1票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

呼吸生理学と臨床化学のルーツをたどる形で作り上げられた天才達の系譜。ガリレイ、トリチェリ、ボイル、プリーストリー、ラボアジェなど、キラ星のように輝く天才達の、真理の探求に対するあくなき執念を追跡しつつ、研究者の人間性と人間の素晴らしい創造力を浮き彫りにした異色の歴史書。

新着投票コメント

医学で重要な位置を占める血液ガスの研究成果をまとめた歴史書.先人の苦労を知り現在は簡単に測定できる血液ガスにもこんな歴史があったということをもっと知ってもらいたい. (2018/04/17)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2018/04/17
『生理学の夜明け : 血液ガスと酸塩基平衡の歴史』(ポール・アストラップ, ジョン・セバリングハウス 著,吉矢生人, 森隆比古 訳)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

科学・技術に関するQ&A

全巻並べると、背表紙に虹

30年ほど前に、実家にあり、愛読しておりました。 なかなか、探しても見つからず、困っています。 動物や、人体や、未来、12館ほどあったと思います。 全巻を、順番通りに並べると、虹があらわれ...

TOPへ戻る