復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

3

投票する

映画にとって音とはなにか




復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 3

リクエストに関連する復刊/関連商品をみる

著者 ミシェル・シオン 著 / 川竹英克 J.ピノン 訳
出版社 勁草書房
ジャンル 専門書
登録日 2017/12/25
リクエストNo. 66201

リクエスト内容

さまざまな傑作映画の魅力を、音に対する認識論と、音響技術に関する方法論から解き明かした画期的な試みの書。

【刊行年】初版1993・最終版2009年
【判型】四六判【頁数】336頁
【価格】予価3780円(本体3500円)

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全3件

  • 映画における音声について包括的・理論的に研究した日本語で読める文献は少なく、しかもこの文献はこの分野の古典的なものなので、ぜひ復刊していただきたい。 (2018/01/11)
    GOOD!0
  • 興味深い (2018/01/08)
    GOOD!0
  • 映画については画面の議論は多いが、音について秩序だって論じたものは少ない。貴重な試みが読むことができないのは残念。 (2018/01/08)
    GOOD!0

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

タイトル 価格 サイト
映画にとって音とはなにか 3,850円 アマゾン
※こちらの商品は販売先の状況によって品切れになる可能性があります

NEWS

  • 2018/05/08
    『映画にとって音とはなにか』復刊決定!

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!