1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『「子ども」語りの社会学 近現代日本における教育言説の歴史(元森絵里子)』 投票ページ

「子ども」語りの社会学 近現代日本における教育言説の歴史

  • 著者:元森絵里子
  • 出版社:勁草書房
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2016/12/27
  • 復刊リクエスト番号:64359

得票数
1票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

「子ども」とは虚構であり、実体である。子どもを語る言葉と子どもが語る言葉を解きほぐし、「子ども」の歴史性と社会性を問い直す。

【刊行年】初版2009・最終版2009年
【判型】A5【頁数】272頁
【価格】予価3780円(本体3500円)

新着投票コメント

初めて見ましたが、内容に興味があります。 (2017/02/25)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2016/12/27
『「子ども」語りの社会学 近現代日本における教育言説の歴史』(元森絵里子)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

風俗・民俗学に関するQ&A

恐らく30年以上前の本のタイトルが知りたいです

現在38歳の私の小学生時代に教室にあった本のタイトルが知りたいです。 以下、記憶の断片を連ねてみます。 30年ほど前(1970〜80年代)に刊行されていたものだと思われます。 当時たく...

TOPへ戻る