復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

7

投票する

薄闇のローマ世界 嬰児遺棄と奴隷制




復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 7

著者 本村凌二
出版社 東京大学出版会
ジャンル 専門書
登録日 2014/01/09
リクエストNo. 59112

リクエスト内容

パピルス文書、碑文史料等を人口動態理論にもとづき分析することで、ローマ世界における嬰児遺棄の実態を解明する。サントリー学芸賞受賞

【刊行年】初版1993・最終版1994年
【判型】A5【頁数】224頁
【価格】予価5184円(本体4800円)

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全6件

  • 興味をそそられるテーマだから (2016/02/28)
    GOOD!0
  • 重要な文献です。 (2016/02/27)
    GOOD!0
  • 興味あるトピックでぜひ読みたい。 (2016/01/25)
    GOOD!0
  • ローマ世界の拡大が終わって,戦争がなくなったときに,社会の基盤である奴隷がどのように供給されたのかを解明する,世界的にも意義深い研究。 (2016/01/19)
    GOOD!0
  • 興味があるテーマなので。 (2016/01/17)
    GOOD!0

もっと見る

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

NEWS

  • 2014/01/09
    『薄闇のローマ世界 嬰児遺棄と奴隷制』(本村凌二)の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!