1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『ペルシャのワスムス(C.サイクス 著 / 新田潤 訳)』 投票ページ

ペルシャのワスムス

  • 著者:C.サイクス 著 / 新田潤 訳
  • 出版社:協力出版社
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2013/06/21
  • 復刊リクエスト番号:57967

得票数
1票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

原著(Sykes, Christopher. Wassmuss “The German Lawrence”, Longmans, Green and Co., New York, 1936)

第一次世界大戦中、『アラビアのロレンス』で有名なT.E.ロレンスと同時期に、イラン南西部で反英反乱を工作したドイツ人ワスムス(Wilhelm Wassmuss、1880-1931) の人物像と動きを追った著作の日本語訳。
ワスムスは「1909‐10年,ペルシア湾のブーシェフルのドイツ領事のとき,ドイツ船をペルシア湾に寄港させる交渉に成功。第1次大戦下に部族を反乱させて,15年7月,ブーシェフル港を攻撃した。16年末から18年までカーゼルーンを根拠地としてシーラーズのルートを抑えることに成功し,イギリスを悩ませた。」(世界大百科事典)
著者クリストファー・サイクスはサイクス・ピコ協定で有名なサー・マーク・サイクスの次男にあたる。


新着投票コメント

戦前に刊行された本ですが、現在でも有益な、読むに値する内容です。現在古書として入手可能なものは品質が劣化してしまっており、ぜひ新たに公刊されることが望まれます。 (2013/06/21)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2013/06/21
『ペルシャのワスムス』(C.サイクス 著 / 新田潤 訳)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

歴史・地理に関するQ&A

明智光秀が討ち取った信長の首で〇〇する歴史小説

今から20年くらい前に出版された歴史小説です。「信長の〇〇」か「〇〇の信長」というタイトルでハードカバー上下巻だったようです。ラストのほうで、信長を討ち取った光秀が、その首を使って口淫する内容でした。他...

TOPへ戻る