1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『棒大なる針小(G.K.チェスタトン 著 / 別宮貞徳 安西徹雄 訳)』 投票ページ

棒大なる針小

  • 著者:G.K.チェスタトン 著 / 別宮貞徳 安西徹雄 訳
  • 出版社:春秋社
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2013/01/09
  • 復刊リクエスト番号:56894

得票数
7票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

多芸多才な著者の業績のうち、ジャーナリスト、文芸批評家、シェイクスピア学者としての代表作と、逆説と警句にみちた表題作を収録。

【刊行年】初版1975・最終版1999年
【判型】四六判 【頁数】324頁
【価格】予価3240円(本体3000円)

新着投票コメント

正統とは何かを読んだが素晴らしい。他の著作も読みたい。 (2018/03/06)

0

読みたいです (2015/11/05)

0

とても気になります。復刊を希望します。 (2014/01/23)

0

読んだことも著者についても知りませんが、興味があります。復刊されるのであれば読みたいです。 (2014/01/14)

0

時代を超えたエスプリ絶版にしてはいけない著作 (2014/01/11)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2013/01/09
『棒大なる針小』(G.K.チェスタトン 著 / 別宮貞徳 安西徹雄 訳)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

海外文芸に関するQ&A

海外警察小説で、五年以上前に読みました。新作ではありませんでした

タイトルを教えて下さい。 あらすじは、娘が失踪して、母親が憔悴します。 警察が色々調べて、最後の最後に、母親が殺しを自供します。 その自供が鬼気迫っていて、長い独白で、少し狂気じみてい...

TOPへ戻る