1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『真宗における異端の系譜(笠原一男)』 投票ページ

真宗における異端の系譜

  • 著者:笠原一男
  • 出版社:東京大学出版会
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2013/01/09
  • 復刊リクエスト番号:56863

得票数
1票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

真宗教団の発展の過程において異端が発生する理由をさぐり、その系譜を明らかにするとともに、中世から近世への社会的基盤を解明する。

【刊行年】初版1962・最終版1991年
【判型】A5 【頁数】360頁
【価格】予価6090円(本体5800円)

新着投票コメント

浄土真宗発展の過程と、それに伴う分派や異端の発生のメカニズムに興味があるため。 (2013/02/28)

0

投票する

このリクエストの関連商品(1件)

  • 真宗における異端の系譜

    真宗における異端の系譜

    在庫なし

    【著者】笠原一男
    【発送】3~6日後

    真宗教団の発展の過程において異端が発生する理由をさぐり、その系譜を明らかにするとともに、中世から近世への社会的基盤を解明す...

    6,480 円 (税込)

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2013/03/27
『真宗における異端の系譜』復刊決定!
2013/01/09
『真宗における異端の系譜』(笠原一男)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

歴史・地理に関するQ&A

明智光秀が討ち取った信長の首で〇〇する歴史小説

今から20年くらい前に出版された歴史小説です。「信長の〇〇」か「〇〇の信長」というタイトルでハードカバー上下巻だったようです。ラストのほうで、信長を討ち取った光秀が、その首を使って口淫する内容でした。他...

TOPへ戻る