1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『冒険としての社会科学(橋爪大三郎)』 投票ページ

冒険としての社会科学

  • 著者:橋爪大三郎
  • 出版社:洋泉社(洋泉社MC新書)
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2012/09/27
  • ISBNコード:9784862483065
  • 復刊リクエスト番号:56278

得票数
1票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

【内容】

そもそも社会科学は、自分の社会を客観的に見つめるための“方法論”である。
それが社会科学は武器になることの謂いだ。
本書では、近代国家、市民社会を体系的に捉える社会科学の立場から
近代の源流をたどることによって、日本社会が抱える
共同体の問題を「日本国憲法」、「マルクス主義」、
そして「天皇制」という三つの機軸から明らかにする。
自らの全共闘体験の敗北を糧に、近代の道筋をたどりなおそうとする、
歴史的文脈が深く刻み込まれたポレミックかつ
驚くべき精度をもった論理に貫かれた記念碑的著作。


【目次】

第一章 社会科学はこうして学ぶ

第二章 日本国憲法はどこが美しいか

第三章 マルクス主義はどうしてダメになったのか

第四章 日本国憲法はどこがいかがわしいか

新着投票コメント

無

面白そう。 (2012/09/27)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2012/09/27
『冒険としての社会科学』(橋爪大三郎)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

TOPへ戻る