1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『共和主義ルネサンス―現代西欧思想の変貌(佐伯啓思、松原隆一郎(編著))』 投票ページ

共和主義ルネサンス―現代西欧思想の変貌

  • 著者:佐伯啓思、松原隆一郎(編著)
  • 出版社:NTT出版
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2012/09/21
  • ISBNコード:9784757141599
  • 復刊リクエスト番号:56175

得票数
1票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

【内容】

共和主義は自由主義とも関連する。
ナショナリズムとも関連する。
共同体主義とも関連する。
保守主義とも関連する。
しかしまたそのいずれとも同一視できない。
共和主義とは、むしろ、これらの多様な
西欧思想の底流を形作っている大きな、
しかし容易には把握しがたい思考の伝統ではないだろうか。
したがって共和主義の理解なくして、
自由主義も、民主主義も、共同体主義も、
保守主義も真の理解に到達することはない。
「自由」と「国家」をつなぐもの。
西欧思想の底流にある共和主義の伝統。
近代の「リベラリズム」と「デモクラシー」の隘路を抜け出し、
21世紀の「個人」と「社会」を考えるためのヒントがここにある。


【目次】

第1部 共和主義の現代的意義

「自由」と「善き生」
―共和主義の現代的変容
共和主義とリベラルな平等
―ロールズ正義論にみる共和主義的契機
現代のコミュニタリアニズムと共和主義

第2部 共和主義の歴史的展開

共和主義パラダイムにおける古代と近代
―アリストテレスからヒュームまで
共和主義とリベラリズム
―十七世紀イングランド政治思想への眼差し
「共和国」という「統治の学」の殿堂
―ジェイムス・ハリントンとエドマンド・バークにみるその意義
イギリス経済思想における共和主義の影
―スミス・ヒューム・ケインズ

新着投票コメント

無

類書がなく貴重な一冊。古書価格も高騰している。講談社学術文庫かちくま学芸文庫あたりから再版すべき。 (2012/09/21)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2012/09/21
『共和主義ルネサンス―現代西欧思想の変貌』(佐伯啓思、松原隆一郎(編著))の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

TOPへ戻る