1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『経験としての詩(フィリップ・ラクー=ラバルト / 谷口博史 訳)』 投票ページ

経験としての詩

  • 著者:フィリップ・ラクー=ラバルト / 谷口博史 訳
  • 出版社:未來社
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2011/01/18
  • 復刊リクエスト番号:52460

得票数
3票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

アウシュヴィッツ以後詩作することは可能か—戦後ヨーロッパの代表的詩人ツェランの後期詩篇から複数の声を聴きとる哲学的エッセイ。

【刊行年】初版1997・最終版1997年
【判型】四六判 【頁数】290頁
【価格】予価3675円(本体3500円)

新着投票コメント

ヨーロッパの戦後詩人が気になるので。 (2012/01/13)

0

読んでみたい。価格次第では購入したい。 (2011/02/04)

0

歴史、人間、詩、表現を考える大切な文献のひとつだと思います。 (2011/01/25)

0

投票する

このリクエストの関連商品(1件)

  • 経験としての詩

    経験としての詩

    在庫なし

    【著者】フィリップ・ラクー=ラバルト 著 / 谷口博史 訳
    【発送】3~6日後

    アウシュヴィッツ以後詩作することは可能か ---戦後ヨーロッパの代表的詩人ツェランの後期詩篇から複数の声を聴きとる哲学的エ...

    3,780 円 (税込)

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2012/04/16
『経験としての詩』復刊決定!
2011/01/18
『経験としての詩』(フィリップ・ラクー=ラバルト / 谷口博史 訳)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

TOPへ戻る