1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『ビアス短篇集(アンブローズ ビアス)』 投票ページ

ビアス短篇集

  • 著者:アンブローズ ビアス
  • 出版社:岩波書店
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2010/11/03
  • ISBNコード:9784003231234
  • 復刊リクエスト番号:51804

得票数
5票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

『悪魔の辞典』のビアス(1842-1914)はまた,芥川龍之介が「短編小説を組み立てさせれば彼ほど鋭い技巧家は少ない」と評した短篇小説の名手である.北軍の義勇兵として南北戦争の激戦地を転戦したビアスは,そこで人間の生死をつぶさに眺め,人間をみつめ,社会を知った.短篇集『いのちの半ばに』他から秀作15篇を収録. 
有名な「アウル・クリーク鉄橋でのできごと」も収録されています。
〈収録作〉
「月明かりの道」 
「板張りの窓」
「死骸の見張り番」 
「環境が肝心」 
「男と蛇」 
「アウル・クリーク鉄橋での出来事」 
「チカモーガの戦場で」
「宙を飛ぶ騎馬兵」 
「哲学者パーカー・アダソン」 
「行方不明者のひとり」 
「とどめのひと突き」 
「ぼくの快心の殺人」 
「猫の船荷」 
「不完全燃焼」 
「犬油」 
「底なしの墓」

新着投票コメント

不思議な味わいのする作品らしいので。 (2012/03/21)

0

彼の作品をもっと手に取りたいです。 (2011/03/19)

0

「いのちの半ばに」は持ってますが、その他のものを読みたい。 (2010/11/24)

0

品切れ絶版状態のままにするのは惜しい作品だと思います。 (2010/11/16)

0

『悪魔の辞典』で有名なあのビアスがどんな作品を書くのかとても気になります。「板張りの窓」のみ読みましたがとても楽しめました。「アウル・クリーク~」について以前、筒井康隆が推していたのも理由の一つ。 (2010/11/03)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2010/11/03
『ビアス短篇集』(アンブローズ ビアス)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

海外文芸に関するQ&A

海外警察小説で、五年以上前に読みました。新作ではありませんでした

タイトルを教えて下さい。 あらすじは、娘が失踪して、母親が憔悴します。 警察が色々調べて、最後の最後に、母親が殺しを自供します。 その自供が鬼気迫っていて、長い独白で、少し狂気じみてい...

TOPへ戻る