1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『故意と違法性の意識(高山佳奈子)』 投票ページ

故意と違法性の意識

  • 著者:高山佳奈子
  • 出版社:有斐閣
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2010/02/23
  • ISBNコード:9784641041769
  • 復刊リクエスト番号:49667

得票数
9票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

とかく難解とされてきた故意と違法性の意識の関係を,精緻な分析と著者独自の大胆な理論構築によって明快に論じた研究書。歴史的議論を踏まえた上で故意と違法性の意識の区別を明確にし,故意犯の責任とはどうあるべきかを提示する。(有斐閣ウェブサイトより転載)

投票コメント

事実的故意と違法性の意識の連関について、ここまで詳細かつ縦横無尽な論じ方で解説した本が他にあるでしょうか?主観性要件の中でも責任論などの裏で重要性が見落とされがちな違法性意識の問題は、ひとたび考え出すとなかなか解決の糸口が見つからない。司法試験受験生はもちろん、広義の法実務家に必読の文献だと思います。 (2010/04/25)

1

おかげさまで、3刷が決定しました。投票してくださったみなさまに心よりお礼申し上げます。(著者) 古書店にて約3万円で取引されているため、大学図書館で盗難が相次いでいるということなので、重版を希望します。 (2010/02/23)

1

研究上必要であるから (2010/10/30)

0

山口教授のお弟子さんである高山教授の論文を読んでみたい。 (2010/07/18)

0

京大法学部一押しナンバーワンの先生の論文です。 是非に!!同級生より。 (2010/05/18)

0

もっと見る

新着投票コメント

先生のHP拝見しました (2010/11/13)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2010/02/23
『故意と違法性の意識』(高山佳奈子)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

TOPへ戻る