1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『テアイテトス(プラトン)』 投票ページ

テアイテトス

  • 著者:プラトン
  • 出版社:筑摩書房
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2009/04/10
  • ISBNコード:9784334753931 9784480088185
  • 復刊リクエスト番号:46315

得票数
4票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

渡辺 邦夫  翻訳

知識とは一体何か。古代ギリシアで、初めて生まれた本格的省察。ソクラテスは、幾何学の天才であった若者テアイテトスを相手に、人間の経験のあらゆる領域に及んで、知識とは何かを問う。問うのみで答えを示さないソクラテスは、「知覚」「真なる判断」「真なる判断に説明が付け加わったもの」という、テアイテトスの精神が生んだ“子どもたち”を次々と吟味し検討した後、冷酷に否定する。認識と意味に関して西洋哲学草創期にあらわれたこの論考は、今もなお、読者に哲学的思考を促し、考えるための刺激となる数々の議論と、挑戦しがいのある難問に満ちている。
この本の目次

第1部 知識の第一定義「知覚が知識である」の提示、展開、批判
第2部 知識の第二定義「真なる判断が知識である」の提示と批判
第3部 知識の第三定義「真なる判断に説明が加わったものが知識である」の提示と批判
訳注
補注1 判断のポイント
補注2 構造化された能力
補注3 「名と名の織り合わせ」(『テアイテトス』)から「名と述語の織り合わせ」(『ソピステス』)へ

新着投票コメント

現在入手困難です。岩波でも出ていますが、この訳者の解説によりながら読んでみたい。 (2016/01/15)

0

同じ訳者による、メノン(光文社新訳文庫)がとても読みやすかった。なので、これもぜひ、復刊してください。もったいないですよ、ちくまさん。 (2013/09/10)

0

新訳で読み直してみたい。 (2009/05/22)

0

昔の岩波版、田中美知太郎訳は容易に入手できますが、 新訳の本書が既に在庫切れで入手不可というのは非常に 残念です。 (2009/04/10)

0

投票する

このリクエストの関連商品(1件)

タイトル

著者名

価格

販売サイト

テアイテトス プラトン 著 / 渡辺邦夫 訳
1,209円 amazon.co.jp

※こちらの商品は販売先の状況によって品切れになる可能性があります

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2019/02/18
『テアイテトス』(プラトン 著 / 渡辺邦夫 訳)の注文を開始しました。
2009/04/10
『テアイテトス』(プラトン)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

TOPへ戻る