1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『雨の追憶図説三億円事件(むらきけい)』 投票ページ

雨の追憶図説三億円事件

  • 著者:むらきけい
  • 出版社:株式会社文芸社
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2009/03/22
  • ISBNコード:9784286004617
  • 復刊リクエスト番号:46178

得票数
14票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

昭和最大のミステリーと称される「三億円事件」の捜査の過程を、丹念な手書きイラストによる”俯瞰図説”という手法で再現した本。

投票コメント

本書は昭和43年に東京府中で発生した「三億円事件」の事件・捜査の全容を、事件発生40年後にイラストと図解でとても分かり易く解説した画期的な「三億円事件」の入門テキスト本です。「三億円事件」の再捜査を試みる方にとっての貴重な必携本でもあります。今月の5月21日からスタートする「裁判員制度」という社会制度の中で、事件をイラストと図解で俯瞰的に整理する思考を磨くことの大切さを教えてくれる稀有な本とも言えましょう。この本の復刊により、闇の中に消えてしまった「三億円事件」の風化を防ぐとともに、一人でも多くの方が、この本により「三億円事件」の真実を探す知と思考の旅に出られることを望みます。 (2009/05/17)

2

戦後最大、空前絶後の現金強奪事件。犯人は「ルパン三世」がそのキャラクター設定の中でライバルと認めた唯一実在の“大泥棒”。未だに犯行の12月10日前後には関連番組が放送され、改めて人々に語られる。その「三億円事件」をイラストで分かりやすく解説した『雨の追憶』を、もう一度詳しく読みたいと願います。是非復刊させてください! (2009/05/13)

2

現在の貨幣価値にして20億円とも30億円とも言われる現金を、人を傷付けずにたった3分間で犯行を成功させた三億円事件。単純な犯行に思われがちだが、実はかなり綿密かつ周到に計画された知能犯によるものであった事を知る人は以外に少ないだろう。40年経った今も迷宮の出口を探し続けている私を含む日本人は想像以上に多いのです。大袈裟かもしれないが、この本は細かく図解されており”三億円マニア”にとってバイブルと言っても過言ではありません。一日も早い復刻を願っております。 (2009/04/22)

2

「真の謎解きは巷に埋もれている」と言う著者が、未解決に終わった警察の捜査過程を丹念に追い、俯瞰図というめずらしい表現方法で読者を戦後最大のミステリーの謎解きへと招いてくれている。読者は自由に想像し自在に推理を楽しみながら、著者の「心躍る」思いも共有することができる。迷宮入りしたということは永遠に語り継がれるということ。これからの語り部達の為にも是非復刊をお願いします。 (2009/03/28)

2

三億円事件関連の書物は数あれど、「俯瞰図」という視点で事件の全貌を一 観察したのはこの本だけなんですよ…。私も某ブログ経由でこの本を買ったクチですが、この本には今後ともより多くの人を巻き添えにしてほしい、そんな力を持つ一冊だと確信しております。 (2009/03/25)

2

もっと見る

新着投票コメント

事件から50周年となりました。事件現場や関連する地を訪れました。 その際に何人かのマニアさん達と知り合ったのですが、 何人かの方が、本書を探しているとゆう話を伺いました。 どうやらマニアさん達の中では、とにかく欲しい幻の本らしいのです。 私は、初版時に購入しておりますが、本書は、全編に渡り、やや立体的に見える 鉛筆描写のような俯瞰図とゆう形で経緯を紹介しております。そこに情報が記述されています。 (後年になってから、いくつかの訂正された事実があり、本書の情報が全て正しいわけではありません。) (2018/12/13)

2

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2009/03/22
『雨の追憶図説三億円事件』(むらきけい)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

犯罪と刑罰に関するQ&A

30年以上前の国語の教科書。死刑と終身刑どっちが残酷か?みたいな話。

教科書に載っていた外国の短編小説なので、それが全文なのかもはっきりしません。 あるお金持ちのパーティで数人が死刑と終身刑のどちらが残酷?という議論になって、ホストのお金持ちは一生閉じ込める終身刑が残酷...

TOPへ戻る