1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『フィレンツェ名門貴族の処世術 -リコルディ(フランチェスコ・グィッチャルディーニ 著 ...』 投票ページ

フィレンツェ名門貴族の処世術 -リコルディ

  • 著者:フランチェスコ・グィッチャルディーニ 著 / 永井三明 訳
  • 出版社:講談社(講談社学術文庫)
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2009/01/25
  • ISBNコード:9784061593312 9784121601803
  • 復刊リクエスト番号:45420

得票数
4票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

波乱のルネサンスを生きたイタリア貴族の知恵。

メディチ家とも親交があり、
有能な政治家や大使を輩出した
名門に生れたグィッチャルディーニ。
28歳でフィレンツェ共和国のスペイン大使になり、
共和国崩壊後はメディチ家出身の
教皇に仕えて教会領行政官として活躍。
動乱のルネサンス・イタリアを
常に敵に囲まれながら生き抜き、
その体験を子孫に書き残した。
冷静な眼で人間の真実を赤裸に描いた本書は、
現代に通ずる貴重な処世の書といえる。

君の気がすすまないなにごとかを申し入れられた場合、
できうるかぎりひき延ばすように努力するがよい。
四六時中見てのとおり、このようなやっかいから
逃れさせてくれるような突発事がおこってくるものだ。
─(「リコルディ」B76)


投票コメント

マキアヴェッリの同時代人、ある意味ではマキアヴェッリ以上の冷徹さをもって当時のイタリア情勢を眺めた政治家,歴史家の書き記した処世訓。有能な政治家や大使を輩出した名門に生まれたグイッチェルディ−ニが、子孫に読ませるために書き記した門外不出の覚え書き。マキアヴェッリの『君主論』と合わせて読むとさらに興味深い。 (2009/11/18)

1

ぜひ読みたい。 (2017/11/29)

0

教科書の参考文献に上がっており、ぜひ読みたいと感じたため (2016/07/17)

0

無

現代に通ずる 貴重な処世の術を 学びたいから。 (2009/01/25)

0

投票する

このリクエストの関連商品(1件)

タイトル

著者名

価格

販売サイト

フィレンツェ名門貴族の処世術 -リコルディ フランチェスコ・グィッチャルディーニ 著 / 永井三明 訳
2,052円 amazon.co.jp

※こちらの商品は販売先の状況によって品切れになる可能性があります

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2018/05/24
『フィレンツェ名門貴族の処世術―リコルディ』(フランチェスコ・グィッチャルディーニ(著)、永井三明(訳))の注文を開始しました。
2009/01/25
『フィレンツェ名門貴族の処世術―リコルディ』(フランチェスコ・グィッチャルディーニ(著)、永井三明(訳))の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

イタリアに関するQ&A

イタリアが舞台の歴史物の漫画のタイトルが思い出せません

 かなり具体的に内容を覚えていますが、タイトル・作者名が思い出せないため、リクエスト出来ません。  多分30年以上前の、少女フレンドのA5サイズの増刊に、100P読み切りで載っていた作品です。この作品...

TOPへ戻る