1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『地球の未来を守るために(環境と開発に関する世界委員会 監修 大来佐武郎)』 投票ページ

地球の未来を守るために

  • 著者:環境と開発に関する世界委員会 監修 大来佐武郎
  • 出版社:福武書店(ベネッセ)
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2008/06/11
  • ISBNコード:9784828811673
  • 復刊リクエスト番号:42405

得票数
2票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

国連の「ブルントラント委員会(環境と開発に関する世界委員会)」の報告書。
京都議定書からポスト京都議定書へ向かう道程の基点にあるのがこの報告書です。
この報告書によって「持続可能な発展」という価値観が確立されたと言えます。
欧州では、1990年前後からこの価値観を政府のガバナンスに組み込む試みが繰り返され、20世紀の最後の10年で、どの政党が政権をとっても変わらない、前へ進めていくべき 共通の政策基盤 が確立しています。
この委員会を提唱したのは我が国。大来佐武郎氏が委員長ブルントラントを支えて活躍されましたが、さて、その後の我が国は、どこを彷徨っているのでしょう。
この時期を、バブルの饗宴と「失われた10年」でやり過ごした私たちと国際社会の落差は、大変、大きいといわざるを得ません。
小手先の対応では、すぐ、付け焼き刃が剥がれます。
改めて、原点に立ち戻り、私たちのあり方を見直すべきでしょう。

投票コメント

鼎

京都議定書からポスト京都議定書へ向かう道程の基点にあるのがこの報告書です。 この報告書によって「持続可能な発展」という価値観が確立されたと言えます。 欧州では、1990年前後からこの価値観を政府のガバナンスに組み込む試みが繰り返され、20世紀の最後の10年で、どの政党が政権をとっても変わらない、前へ進めていくべき 共通の政策基盤 が確立しています。 この委員会を提唱したのは我が国。大来佐武郎氏が委員長ブルントラントを支えて活躍されましたが、さて、その後の我が国は、どこを彷徨っているのでしょう。 この時期を、バブルの饗宴と「失われた10年」でやり過ごした私たちと国際社会の落差は、大変、大きいといわざるを得ません。 小手先の対応では、すぐ、付け焼き刃が剥がれます。 改めて、原点に立ち戻り、私たちのあり方を見直すべきでしょう。 (2008/06/11)

1

「持続可能な開発」の原点 (2008/06/25)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2008/06/11
『地球の未来を守るために』(環境と開発に関する世界委員会 監修 大来佐武郎)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

ベネッセコーポレーションに関するQ&A

1968年の中3コースの夏頃の付録小説

ラストのシーンがさわやかで印象に残っている。海辺の崖の上の草原らしい場所で中3の男女二人が遠い海に叫んでいるシーン。

TOPへ戻る