復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

9

投票する

Z会 必修現代文

Z会 必修現代文

復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 9

著者 堀木博禮(堀木博礼)
出版社 Z会出版
ジャンル 実用書
ISBNコード 9784879156419
登録日 2008/03/10
リクエストNo. 41456

リクエスト内容

発売日 2000/3/29 


出版社からの内容紹介
23題(例題(7)-練習(8)-入試(8))で、入試現代文完成。各章の学習のねらいに合わせた入試問題を精選。易から難の段階を踏むことで国立2次レベルの現代文読解力が完成します。「読解のポイント」で何を読み取るかを把握。「重要箇所のマーク」を追っていくことで論理の展開を把握。「語句説明」で論説文に欠かせない重要語の正確な意味を把握。この3ステップで問題文を論理的に、かつ性格に読むコツが身につきます。現代文を解く際に注意すべき5つの着眼点((1)設問箇所付近の指示語(2)接続詞の支配内容(3)内容が変わる場所(4)重要語(5)解答と問題文の整合性)と、解答を導く際にキーとなるポイントを押さえることで、文章の論理的理解を解く力につなげます。

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全9件

  • ぜひ復刊をお願いします。
    本書の後継である久保寺亨氏の「必修編 現代文のトレーニング」は力不足ですし、その姉妹書の「小説編 現代文のトレーニング」は絶版になってしまいました。

    なお、現行の「入門編 現代文のトレーニング」に比べて、記述問題の比重が高くなっています。 (2013/07/18)
    GOOD!1
  • 堀木先生の本はほかに『入門編』と『私大編』がありますが、国公立2次の記述問題を扱う本書は先生の代表作と言えます。
    Z会がシリーズの根幹となる『必修編』と『記述編』を現役講師に書かせたい気持ちも分かりますが、堀木先生の本は後世に残すべき名著です。

    補記 現在刊行されている『入門編』(堀木 博禮 著)や『必修編』(久保寺 亨 著)は全くの別物です。 (2020/10/01)
    GOOD!0
  • 読みたいっす。 (2015/09/11)
    GOOD!0
  • 入門編の現代文のトレーニングと同じクオリティだそうなので、ぜひとも復刊していただきたいです。

    今現在の必修編は著者が違っており、出来もよくありません。 (2013/12/18)
    GOOD!0
  • 参考書の復刊もどんどんされているのでこの本も是非。 (2013/11/09)
    GOOD!0

もっと見る

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

NEWS

  • 2008/03/10
    『Z会 必修現代文』(堀木博禮 (堀木博礼))の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!