1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『マハーバーラタ全9巻(山際素男)』 投票ページ

マハーバーラタ全9巻

得票数
81票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

インドの叙述詩「マハーバーラタ」の完全訳
専門家向き。
東南アジア(特にインドネシア)で伝統芸能などにも取り入れられている。
インドネシアのワヤンがスキな人には内容を日本語で頭に入れるのに最適。

投票コメント

完訳自体がそもそも少ないマハーバーラタで、完結していてなおかつここまで丁寧に訳されているものがあるのはかなりありがたいため、全巻が手に入りやすくなればなと思います。 訳問わず読もうとするだけでも手に入れるのにかなりハードルが高い作品なので、巻数も多く簡単にはいかないでしょうが復刊されるととても嬉しいです (2018/07/24)

1

完結していて、かつここまで細やかに訳して頂いているものは無いのではないでしょうか。(他者訳全1巻のものも読みましたがやはりどうしても削られてしまう) こちらは文体も非常に読みやすく、流れるようで、長いけれど割とすいすい読める。でも表現は美しい。 図書館で何度か読んでいるのですが、入手困難な為復刊希望します。 (2018/07/24)

1

上村勝彦さんのマハーバーラタが大好きなのですが、未完のまま終わっていて、レグルス文庫のマハーバーラタはかなり内容が少ないので…。(バガヴァッド・ギーターのところは7行) 完訳している山際さんのマハーバーラタをぜひ読みたいと思うのですが、どうにも入手が困難なので復刊をお願いいたします! 日印友好交流年記念に山際さんのマハーバーラタを! (2017/08/05)

1

国家の成立ちから精神文化まで網羅されている、正に「インド版日本書紀、古事記」とも言うべき聖典だが(バガヴァッド・ギーダーはこに一説)、世に出回っているのは全体の一部抜粋版や要約版しかないので、是非完全版の出版が待たれる。インドは有史以来世界史レベルで大きい影響を与え続けている強大なアイデンティティーやレーゾンデートルを持っており、更には現在、政治・経済・軍事面全てでも看過出来ない存在感があるので、今後の混沌としてくるアジア情勢の理解の源流、原点を掴む上でも有益の書ではなかろうか。只、もし再版されるのなら、高価で嵩(かさ)張るハード版より、文庫版の方が売れ行きの点からも効果的であろう。 (2013/01/05)

1

インドという素晴らしい国のその素晴らしさの根底を知りたかっ たら読むべきだと歴史研究家の加来耕三さんに勧められたのが 「マハーバーラタ」でした。インド人のDNAに組み込まれているで あろう倫理観、価値観、いろんな“観”が少しわかるよう物語。 理屈じゃない精神世界の部分に触れることができる、読み終わっ た後に自分のちっぽけさがいやというほど見えてくる、私にとっ てのバイブルです。 (2004/11/09)

1

もっと見る

新着投票コメント

図書館で何度も借りている本です。 手元に置いておきたいのですが、どうしても入手することができませんでした。 ぜひ復刻してください。 (2018/10/24)

0

もっと見る

投票する

読後レビュー(1件)

  • マハーバーラタ全9巻復刊を切望

    山中ススム 2013/04/29

    古書も高価なので是非復刊して欲しい。
    完訳がこれしかない。
    読みたいです!

    1

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2016/04/07
『マハーバーラタ全9巻』が50票に到達しました。
2008/06/25
『マハーバーラタ 第9巻』販売開始しました!
2001/05/26
『マハーバーラタ全9巻』(山際素男)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

神話に関するQ&A

松の木に変えられた男と女神・子供向け絵本シリーズの一冊

おそらく幼児から低学年向けの薄い絵本シリーズもののなかの一冊だと思われます。 <あらすじ> 嫉妬心から、愛する男を松の木に変えてしまった女神。 けれども、彼女は変わってしまった男の傍で嘆き哀し...

TOPへ戻る