1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『普通の人びと -ホロコーストと第101警察予備大隊(クリストファー・ブラウニング 著 ...』 投票ページ

普通の人びと -ホロコーストと第101警察予備大隊

  • 著者:クリストファー・ブラウニング 著 / 谷喬夫 訳
  • 出版社:筑摩書房
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2007/07/10
  • ISBNコード:9784480099204 9784480857569
  • 復刊リクエスト番号:39136

得票数
14票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

ヒトラー時代、普通のドイツ人が、いかにして史上稀な大量殺戮者に変身したのか。知られざる警察予備隊の衝撃の実態。人間の心に潜む魔性の恐怖。


投票コメント

ごく一般的な人がどのようにナチスのホロコースト(が実在するとして)へ荷担し、良心の呵責なく作業を進めることができるようになったかを記述している。つまり、自分だけは特別などではなく、普遍的な人間性について示されている貴重な本である。 と、読んだ人から聞き是非読みたいが、高くて買えません。是非再販をお願いします。できれば電子書籍でもお願いします。 (2017/06/20)

3

常々『最も恐るべきは一般人。狂うことすら他人のせいにする』 と想っているので読みたいです。自身に向けた警告の意味でも。 (2019/04/05)

1

1.ホロコーストの基本文献であること。このことは、ホロコースト関連著書の巻末参考文献目録の、このタイトルの掲載率を見てもらえればわかるはず。 2.ナチ統治下の体制全体の中でのホロコーストの実行者への視点を持つためには必読らしい。 3.戦後ドイツの歴史認識を考えるうえで、ブラウニング=ゴールドハーゲン論争は一つの指標となるため、歴史「修正」主義,歴史学,歴史哲学を考えるうえでも現代史の重要文献だと思う。 (2011/12/13)

1

良書であると聞いています。是非とも復刊をお願いしたく。 (2018/07/23)

0

プレミア価格がえげつない。本書の価値の表れではありますが・・・ (2017/08/05)

0

もっと見る

新着投票コメント

大切に読み継いでいかなくてはならない本です。復刊を希望します。 (2019/04/07)

0

もっと見る

投票する

このリクエストの関連商品(1件)

タイトル

著者名

価格

販売サイト

増補 普通の人びと: ホロコーストと第101警察予備大隊 クリストファー・ブラウニング 著 / 谷喬夫 訳
1,728円 amazon.co.jp

※こちらの商品は販売先の状況によって品切れになる可能性があります

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2019/04/03
『増補 普通の人びと: ホロコーストと第101警察予備大隊』復刊決定!
2017/06/20
『普通の人びと -ホロコーストと第101警察予備大隊』が10票に到達しました。
2007/07/10
『普通の人びと -ホロコーストと第101警察予備大隊』(クリストファー・R. ブラウニング (著), Christopher R. Browning (原著), 谷 喬夫 (翻訳))の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

ヨーロッパ史に関するQ&A

イタリアが舞台の歴史物の漫画のタイトルが思い出せません

 かなり具体的に内容を覚えていますが、タイトル・作者名が思い出せないため、リクエスト出来ません。  多分30年以上前の、少女フレンドのA5サイズの増刊に、100P読み切りで載っていた作品です。この作品...

TOPへ戻る