1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. エンタメ
  4. 『魂のゆくえ(ピーター・バラカン)』 投票ページ

魂のゆくえ

  • 著者:ピーター・バラカン
  • 出版社:新潮社
  • ジャンル:エンタメ
  • 復刊リクエスト開始日:2001/05/08
  • ISBNコード:9784101157214
  • 復刊リクエスト番号:3877

得票数
131票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

ソウルミュージックをこよなく愛する著者が50年代から80年代までの119枚の
推薦レコードを挙げたソウル解説&バイヤーズ・ガイド

投票コメント

次の催しでピーター・バラカンがお話しが聞ける http://cnic.jp/files/20070317chirashi.pdf 社会問題への発言を聞いてもバラカンさんの生き方自体にソウルを感じるからね! (2007/03/09)

1

1960年代のR&B、ソウルミュージックの大ファンです、 何故ソウルミュージックは消えてしまったのか、後世に伝えて行くべきだと思います ピーターバラカン氏の本は分かりやすく、日本から発信していると言う事も重要なポイントです 今、現在、この様な本はありません、当時と状況が変ったとしても氏の加筆、修正を得られるならば是非復刊させて欲しいものです (2006/11/11)

1

ボッパーズMTV時代からの憧れのピーター・バラカン氏の代表作とも言える音楽本が、これだけ音楽の本やガイドブックがありふれた今こそ、皆に読まれるべき一冊だと思います! 黒人音楽とロックがいかにつながっているか解る、本当に良い本です。古本屋さんで、入荷しても、すぐ売れてしまうらしいです!! (2004/12/15)

1

祝・復刊交渉開始。ソウルミュージックの入門書として、また、黒人音楽の歴史をひもとくマイルストーンとしてオススメの一冊。ネルソン・ジョージ「リズム&ブルースの死」とあわせ読みすれば、黒人音楽のおおよその歴史はわかる。「「ウィットニー(ホイットニー)・ヒューストンとアリーサ(アレサ)・フランクリンのちがい」を聞き分けるバラカン氏の感性は、彼が心ある音楽ファンの代弁者だという証左でもある。 (2004/04/14)

1

ume

ume

最近、ピーターバラカンさんのラジオ番組を聞くようになって、 ピーターさんの聞く音楽にすごく興味を持っています。 ラジオだけではなく本でもピーターさんの話を読みたいと痛切に 思っております。ぜひ復刊を! (2003/09/22)

1

もっと見る

新着投票コメント

どんなものを選んでいるのか、見てみたい。最近、ラジオ聞いてないなぁー。 (2018/05/25)

0

もっと見る

投票する

このリクエストの関連商品(1件)

タイトル

著者名

価格

販売サイト

魂(ソウル)のゆくえ ピーター・バラカン
1,944円 amazon.co.jp

※こちらの商品は販売先の状況によって品切れになる可能性があります

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2008/02/15
復刊!ピーター・バラカン『魂のゆくえ』
2003/01/24
『魂のゆくえ』が規定数に到達しました。
2001/05/08
『魂のゆくえ』(ピーター・バラカン)の復刊リクエスト受付を開始しました。

最近の復刊活動

2003/02/27
交渉情報追加
出版社から著者に交渉中とのことです。まだ検討に、少しお時間がかかりそうです。
2003/02/21
交渉情報追加
出版社さんにて前向きに交渉して下さっています。
(交渉先:出版社)
2003/02/12
交渉情報追加
新潮社さんの担当窓口の方に連絡いたしました。
(交渉先:出版社)
2003/02/10
メール連絡済み
この本は出版社へ復刊希望のメール連絡済みです。
実際に交渉した際には改めましてご連絡します。
(交渉先:出版社)
2003/01/24
復刊交渉決定
交渉情報はもうしばらくお待ちください。
公開可能な交渉情報がございましたらすぐにご連絡します。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

TOPへ戻る