復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

ダルさんのページ

復刊リクエスト投票

  • 魂のゆくえ

    【著者】ピーター・バラカン

    祝・復刊交渉開始。ソウルミュージックの入門書として、また、黒人音楽の歴史をひもとくマイルストーンとしてオススメの一冊。ネルソン・ジョージ「リズム&ブルースの死」とあわせ読みすれば、黒人音楽のおおよその歴史はわかる。「「ウィットニー(ホイットニー)・ヒューストンとアリーサ(アレサ)・フランクリンのちがい」を聞き分けるバラカン氏の感性は、彼が心ある音楽ファンの代弁者だという証左でもある。(2004/04/14)
  • ザ・タカラヅカ宙組特集II

    【著者】宝塚歌劇団

    私も読みたいです♪(2004/04/14)
  • 和央ようか写真集『BE NATURAL』

    【著者】松岡 茂樹写真

    宝塚歌劇団宙組トップ、かつ5組中最長・最強のトップである和央ようかの唯一の写真集。当初からファンであった人なら発売時に入手している可能性が高いが、いまなお進化しつづけている彼女を見て新たにファンになる人も多い。従って、発売後2年経った今でもファンの間に強いニーズがある(実際、ネットオークションなどでは高値がつく超レアアイテムと化している)のだが、版元では「好評につき販売終了」とのコメントのみ残し、再版の動きナシ。「好評」であれば、第二刷を出せばよいのにと思うのは果たして私だけだろうか。写真集は若き日の(?)彼女を爽やかにとらえており、彼女の「いま」しか知らない人にも貴重な一品となるだろう。(2004/04/14)
  • 近代絵画

    【著者】小林秀雄

    没後20年。新潮社より全集が改めて発刊されているが、なぜ「現代仮名遣い」なのか。小林氏自身が戦後の”国語改革”について「文部省の役人は、まるで機械を扱うエンジニヤのやうな手つきで国語をいじっている」と批判したではないか。今の読者には、歯ごたえがありすぎるくらひが丁度良いのだ。読者に媚びることなく、単発で、かつ安価に入手できる文庫版での復刊を望む。(2003/03/26)
  • 天皇の世紀全17巻

    【著者】大佛次郎

    なぜこんな名著が廃刊されてしまふのか?北朝鮮問題や対イラク戦争を持ち出すまでもなく、世界とわが国のあり方が問われている昨今だからこそ、歴史に学ぶ必要がある。百数十年前・維新の頃の日本人ならどうするだらう?わけ知り顔の大メディア、コメンテーターどもよ、恥を知るべし。理屈だけなら誰にでも言へる。「草莽掘起」の志こそ、いま問われているのではないか。(2003/03/26)

T-POINT 貯まる!使える!