1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 実用書
  4. 『消えた戦法の謎―あの流行形はどこに!?(勝又清和)』 投票ページ

消えた戦法の謎―あの流行形はどこに!?

  • 著者:勝又清和
  • 出版社:毎日コミュニケーションズ
  • ジャンル:実用書
  • 復刊リクエスト開始日:2007/04/19
  • ISBNコード:9784839910914
  • 復刊リクエスト番号:38390

得票数
29票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

内容(「BOOK」データベースより)
流行戦法が、ある日突然のように指されなくなるケースがある。その理由が知られないまま謎を残している戦法。それらの謎を解明する画期的な本がついに文庫化された。この一冊で「なぜ消えたのか?」の疑問が「納得!」になる。単行本執筆後に状況が一変した戦法については巻末にて補完があり、近年の戦法の流れを知る上でも貴重なテキストだ。

そもそもは、1995年にB6版型で出版されましたが、それは絶版になってしまいました。その後2003年に文庫版で、しかも新たに『第5章 消えた戦法のその後』が補足され、ゴキゲン中飛車や早石田、8五飛車なども簡単ながらフォローして再刊されました。しかし、その文庫版もまた絶版。良書だと思うだけに惜しまれます。

投票コメント

勝又氏にしか書けないような将棋の戦法についての深く分かりやすい研究を読んでみたから。非常に出来が良いという評判でありこの本を埋もれさせるのは勿体ないと思うから。 (2014/02/20)

1

勝ちやすい戦法・負けにくい戦法が生き延びる勝負の世界において、逆に消えてしまう戦法があります。それを知ることは将棋の歴史を知る読み物としても面白いですし、裏定跡としても勉強になります。著者による戦法の特徴と消えてしまった原因の分析・その戦法を使って活躍していた棋士へのインタビューなど、とても有意義な内容の良書だと思います。 (2007/04/19)

1

読みたいです (2015/05/25)

0

着眼点が素晴らしい。現在指されない戦法でも、なぜ指されないか理解するのは大切だと思うので。 (2011/08/22)

0

海

良本だと聞くので、ぜひ読んでみたい。 (2011/03/10)

0

もっと見る

新着投票コメント

アマチュア有段者なら読む必要があると考えます! (2016/06/19)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2007/04/19
『消えた戦法の謎―あの流行形はどこに!?』(勝又清和)の復刊リクエスト受付を開始しました。

最近の復刊活動

2009/11/09
「消えた戦法の謎」「消えた戦法の謎 あの流行形はどこに!?」「ザ・必死」「入玉大作戦 逃げるが勝ち!」にリクエストいただいた皆さまにお知らせです。

《交渉結果》出版社へ復刊の可能性を打診

出版社へ交渉を開始いたしました。皆様へお伝えできる情報が入りましたら、ブログにてお知らせいたします。
なお、出版社や著者へ直接お問い合わせされることはご遠慮くださいますようお願い申し上げます。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

趣味・スポーツに関するQ&A

昭和58~59年のスポニチの官能小説について

この頃にあった官能小説のタイトルを教えてください。 宇能鴻一郎ではなかったかと思うのですが、はっきりとはわかりません。

TOPへ戻る