1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『ドイツ怪異集(ヘルマン・シュライバー 関楠生)』 投票ページ

ドイツ怪異集

  • 著者:ヘルマン・シュライバー 関楠生
  • 出版社:社会思想社
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2007/02/16
  • ISBNコード:9784390113052
  • 復刊リクエスト番号:37789

得票数
3票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

副書名は幽霊・狼男・吸血鬼… で、原書名 Es spukt in Deutschland. です。本やタウンの紹介文言です。
世界には、その民族・風土特有の驚くような不思議なはなしが沢山有ります。本書には、19世紀にドイツで刊行された伝説集や民話集などから、体験談を中心に幽霊、狼男、吸血鬼、ドッペルゲンガーなどのドイツならではの不思議なはなしが数多く収録されています。
1 怪異譚の宝庫―中部をふくむ東部地方(ことはフリードリヒローダからはじまる;幽霊とさまざまの化けもの ほか);
2 どこにでもある怪異譚―北部と北東部(テーゲルにだけ幽霊がでるわけではない;グルーネヴァルト館の幽霊 ほか);
3 動植物の怪異譚と幽霊譚―西部と南北(窓から忍び込む幽霊と化け猫;ツェザーリウスと修道院の怪異 ほか);
4 奇妙な霊と幽霊―山あり谷ありの南部(あなぐらの霊ども;悪魔の橋 ほか)

新着投票コメント

怪談好きなので (2013/07/08)

0

吸血鬼につられて押してみましたが、そもそもオカルトダイスキです! 是非読んでみたい!! (2009/07/31)

0

読んでみたいです (2007/03/12)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2007/02/16
『ドイツ怪異集』(ヘルマン・シュライバー 関楠生)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

幽霊・お化け・妖怪(怪談)に関するQ&A

怪奇小説短編集

確か怪奇小説の短編集に収録されていたものの一つだと思います。 文庫本で図書館で借りて読みました。 男女のカップルとちょっと変わった女友達が出てきます。この三人が暮らしている街には 幽霊が出るという...

TOPへ戻る