1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『雪原にひとり囚われて -シベリア抑留10年の記録(坂間文子)』 投票ページ

雪原にひとり囚われて -シベリア抑留10年の記録

  • 著者:坂間文子
  • 出版社:講談社
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2006/07/13
  • 復刊リクエスト番号:34561

得票数
306票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

日本兵のシベリア抑留体験記は数多いが、民間人でしかも女性の抑留体験記は非常に珍しい。
これは、旧満州・大連のソ連領事館で日本語を教えていたことから終戦後にスパイ嫌疑をかけられてシベリアに連行され、ラーゲリと流刑地で10年抑留された日本人女性・坂間文子さんが著した体験記である。
ソ連の恐怖の収容所生活が赤裸々に描かれている。

厳冬のシベリアの地。不当なスパイ容疑で囚われた病弱な女性が、一切の弁明も許されず無法・理不尽な裁判を受けた。坂間さんは決して無実の罪を認めなかったため、ラーゲリから流刑地へと、10年抑留されることとなる。
いつ帰国できるのかもわからない絶望の中、坂間さんは苛烈な虐待に耐え、たくましく生き延びた。厳しい生活の中でも、囚人たちとの交流、ロシア語の勉強、趣味の刺繍を流刑地での生活の糧にしたこと等、つらい境遇の中に喜びを見出そうとした記述もあり、読んでいて救われる。
帰国がかなったのはスターリンの死後であった。

この本は著者が帰国して20年後の昭和50年に出版されたが、現在絶版。
その後同じ著者により「生きながらえて夢」(日本図書刊行会)が1997年に出版されているが、これは帰国後の人生を中心に書かれており、シベリア抑留体験の描写は簡単なものにとどまっている。
元のこの本の方が、壮絶な抑留体験が迫力をもって詳細に書かれているので、おすすめである。


投票コメント

シベリア抑留と現代の北朝鮮拉致被害とは共通点があると思う。かつては戦争に負けた事と、なおかつ日本に戦争責任があったからといった後ろめたい気持ちでこういった理不尽な史実を直視して来なかった 戦後日本人ではあるが、もうそろそろ真実に立脚した連合国側の犯罪的行為も是是非非で論議されてしかるべしと考えるものである。 (2015/03/16)

3

反日主義連中の歴史捏造本が世にはびこり、このような「本当の悲劇」を書した本が何故伝えられないのか? 日本を亡国に導く、思想家、政治家、活動家連中よ。 この本を読んで涙しないのなら、日本から出て行け! (2009/04/16)

2

父の兄がスパイ容疑で連れて行かれとうとう帰って来なかったと聞かされています。連れて行かれた当時父の兄は26歳だったそうです。国に問い合わせても詳細は分からないとの事 無念を思うとやりきれません。是非この本が読みたい。 (2009/02/18)

2

厳寒の地で苦労し不幸にも亡くなられた人たちや遺族の苦労について知りたい。二度と戦争の起こらない世界を築きたい。 (2016/04/12)

1

歴史を鏡にしろと言うのなら、旧連合国の史実も出してください。 (2013/07/26)

1

もっと見る

新着投票コメント

興味があるので読みたいです。 (2017/03/29)

0

もっと見る

投票する

このリクエストの関連商品(1件)

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2016/08/08
『雪原にひとり囚われて -シベリア抑留十年の記録-』復刊決定!
2006/07/18
『雪原にひとり囚われて―シベリア抑留10年の記録』が規定数に到達しました。
2006/07/13
『雪原にひとり囚われて -シベリア抑留10年の記録』(坂間文子)の復刊リクエスト受付を開始しました。

最近の復刊活動

2011/02/21
復刊活動:「雪原にひとり囚われて―シベリア抑留10年の記録」
《交渉結果》打診後の進捗を確認 【2/21(月)】

復刊の可能性をご検討いただけるよう、出版元へいま一度お願いいたしました。
皆様へお伝えできる情報が入りましたら、改めてお知らせいたします。
(交渉先:講談社)
2009/12/14
「佐藤さとるファンタジー全集」「雪原にひとり囚われて」「運命のタロット」にリクエストいただいた皆さまにお知らせです。

《交渉結果》打診後の進捗を確認

復刊の可能性をご検討いただけるよう、関係各所へいま一度お願いいたしました。皆様へお伝えできる情報が入りましたら、ブログにてお知らせいたします。
2009/12/07
「佐藤さとるファンタジー全集」「雪原にひとり囚われて」「運命のタロット」にリクエストいただいた皆さまにお知らせです。

《交渉結果》打診後の進捗を確認

復刊の可能性をご検討いただけるよう、関係各所へ改めてお願いいたしました。皆様へお伝えできる情報が入りましたら、ブログにてお知らせいたします。
2009/11/19
「佐藤さとるファンタジー全集」「雪原にひとり囚われて」「運命のタロット」にリクエストいただいた皆さまにお知らせです。

《交渉結果》打診後の進捗を確認

復刊の可能性をご検討いただけるよう、関係各所へ改めてお願いいたしました。皆様へお伝えできる情報が入りましたら、ブログにてお知らせいたします。
2009/10/26
「佐藤さとるファンタジー全集」「雪原にひとり囚われて」にリクエストいただいた皆さまにお知らせです。

《交渉結果》打診後の進捗を確認

復刊の可能性をご検討いただけるよう、関係各所へ改めてお願いいたしました。皆様へお伝えできる情報が入りましたら、ブログにてお知らせいたします。
2009/07/15
「佐藤さとるファンタジー全集」「雪原にひとり囚われて」にリクエストいただいた皆さまにお知らせです。

《交渉結果》出版社へ復刊の可能性を打診

出版社へ交渉を開始いたしました。皆様へお伝えできる情報が入りましたら、ブログにてお知らせいたします。
なお、出版社や著者へ直接お問い合わせされることはご遠慮くださいますようお願い申し上げます。

2006/07/18
復刊交渉決定
交渉情報はもうしばらくお待ちください。
公開可能な交渉情報がございましたらすぐにご連絡します。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

旧ソ連ロシア東欧に関するQ&A

ロシアかブルガリアの童話か

40年ほど前に読んだ本で、ロシアかブルガリアといった国が舞台になっていて、魔法にかけられた男女がでてくる短編集で、その魔法がとても魅力的に描かれていて、そこには馬などの動物も関わっています。そして挿絵が...

TOPへ戻る